« 復活 | トップページ | 白猫プロジェクトの絵を描く »

2015年5月 3日 (日)

LEDクリップライト

絵を描く時にライトがあるといろいろ便利…っていうか視力の点で見たらほぼ必須なわけで…。
そこそこ明るくてLEDでクリップタイプである程度安いとなると選択肢がかなり少なくなる。
っつーかね、家電量販店やホームセンターで売ってるのは明るさが足りなかったり無駄にデカかったり
多重影出ちゃったりやたら高かったりと理想的なクリップライトが全然無かったんだよ。

最初に買ったのは電池とUSB給電の28灯のLEDライトだったんだけど、
小型でも明るさが多少はあって良かったのだが、多重影出てちょっと残念な部分があった。
まあ、半紙とか貼れば問題は解決できるんだけど、USBケーブルが断線してしまって仕方なく電池を使っていたのだが
4~5時間も使ってると最初の明るさを維持できなくなるし何よりコスト的に悪すぎる。

ってなわけで新しいのを買おうと思って量販店やホームセンターを回ったのが上の話。
理想的なクリップライトがなかったのでネット通販で検索してみたら……あるじゃないの。

同じのが。

しかしケーブルのためだけに同じの買うのも何だかなー…となったので
電池式という部分を捨ててUSB給電という部分のみで探してみたらエレコムのCHUUというものがあった。

Amazonで2000円以下で売っていたので早速注文、2日後に届いた。
前置き長くなったけどこれが箱。

Img_20150503_1652330001

そこまで大きくはない。
次は中身。

Img_20150503_1653420002

28灯LEDに比べると発光面がちょっと縦長なくらいで特に問題は無し。

Img_20150503_1654290004

発光面は縦長でLEDの粒が縦に配置されているが、
光が拡散する仕様で狭い範囲だけ明るいなんてことはなく手元をしっかり照らせるようになっている。

Img_20150503_1654020003

裏面。
下の窪みがスイッチ部分になっていて、タッチ式スイッチになっている。
アームの調整をしているときにうっかり触ってしまって点灯、消灯してしまうことも。

Img_20150503_1656240005

実際に暗い部屋で照らしても文字盤がはっきり分かるくらい明るい。
25cm直下で750ルクスらしいが正直明るさの単位は分かりにくい。
ただ言えるのは手元を照らす上では申し分ない明るさだ。

他にはUSB給電ではあるがアダプターが付属していて家庭用コンセントに挿して使用することも出来る。
(意外と重要な要素かも)
クリップも強力でかなりがっちり固定してくれる。
アーム部分も無理に曲げなければ自由に動かせる。
出先に持って行ってもPCに挿せば使えるしサブバッテリーに挿しても使えるので実質どこでも使おうと思えば使える。

そんなこんなでこれで絵を描く環境がまた良くなった!

|

« 復活 | トップページ | 白猫プロジェクトの絵を描く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138623/61533661

この記事へのトラックバック一覧です: LEDクリップライト:

« 復活 | トップページ | 白猫プロジェクトの絵を描く »