« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月24日 (日)

性暴力ゲーム規制の動き

ここ見てる人なら既に知っているだろうが、
一応知らない人向けに…。

海外からの批判を受けて自民の山谷えり子議員が規制を
検討するための勉強会を立ち上げるという記事が出ていた。
正直またアンタかという感じだ。
純潔教育が逆効果の可能性についてもいい加減考えてくれ。

それにしても今回の規制派の動きが良すぎる。
…というのも、海外からの批判というのが国内からのマッチポンプである可能性が非常に高いのだ。
海外からの批判=イクオリティ・ナウのことなんだが、
この団体の理事の中に角田由紀子という人物がいる。
この人物は国内の団体、ポルノ買春問題研究会(通称APP研)と関係ある人物なのだ。
この団体はフェミニスト団体というより、セックスヘイター(性憎悪者)に限りなく近い団体で
これまでもあちこちで問題を起こしている。

そんな団体と繋がりがあるイクオリティ・ナウが批判を開始、
それに呼応するかの如く読売、NHK、世界日報、毎日が記事を書き、
公明が秋葉原視察に訪れ、今回の山谷擁する自民女性局の記者会見。
まるで最初からシナリオが出来ているようではないか。
完全に行き詰まっていた児童ポルノ禁止法をここぞとばかりに絡めている点、
法的根拠のないエロゲ規制に児童ポルノを強引に絡めて
一気に両方を潰す目的なのだろう。

しかしこれではっきりしただろう。
連中は最初から『規制すること』だけが目的で
子供とか女性の人権など
ダシにすぎないということを。
創作物規制にはやたらうるさく言う癖に
実在する被害者に対する人権保護プランとか全然出てこないんだから。

なお、この問題に関しては、以下のリンク先が非常に詳しく書いている。
是非、参照して欲しい。

「反ヲタク国会議員リスト」メモ
http://d.hatena.ne.jp/killtheassholes/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

夏目えぇぇぇぇぇッ!!!!

30分待ってみたがドーラとかやってやがる。

一番楽しみだった狐回を返せぇぇぇぇぇッ!!!

再放送回だからってそのままやらないなんてことないよな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

5月8日付読売記事

今朝、テレ朝の新聞記事の流し読みするコーナーを
眠気眼っつーか、ほぼ寝ながら聞いていたわけだが、
『性暴力ゲーム ニッポン発』という記事の紹介をしていた。
おかげで緊急覚醒モード発動して今記事を書いてるわけだが、
当の読売35面を読んでみて、どうもかなり意図的っつーか、
作為的に偏向させてる節のある記事だったので偏向報道カテゴリへ。

肝心の内容に関してだが、
日本国内向けに販売されているアダルトゲーム(通称エロゲ)が
海外(主に団体系)から批判されてるから規制しろという内容のもの。
イギリスでの販売禁止(2月の話)を持ち出し、
こうした海外の情勢を見て日本の対応が求められているとしているが、
何故か途中から児童ポルノ問題に話がすり変えられている。
何も知らない人から見れば一見前後の文脈が繋がっているように見えるかも知れないが、
実は繋がっていない。
そもそも児童ポルノとは無関係なのに
無理矢理文章にねじ込んだ結果、前後の繋がらない文章になってしまっているように見える。

そもそもエロゲの問題に限っても、フィクションの話を
何故現実の問題にすり変えている点でおかしい。
これでは現実と架空の区別ついてませんって自分から宣言しているようなものだ。
規制派に限っては本当に気付かず発言している人もいるようだが。

あとこういったエロゲが氾濫(規制派談)しているはずの日本が
何故か性犯罪率が世界最低水準、世界でも女性が優遇されている国とか
いろいろ言われているのに、
その辺は既存メディアは95%くらいの確率で触れてこない。
(たまに週刊誌が触れるくらい)
触れればこれまで積み重ねて来た嘘が崩れてくるからだ。
言ってることがこの前と違うじゃネーか!ってなるわけだから。
真実は既存メディアで触れることはほぼないだろうな。

気になるのは現在国会で審議中の児童ポルノ禁止法の改正案の話だ。
単純所持禁止(基準曖昧)に加え絵(基準曖昧+この部分が表現の自由に関わる問題)も
含めるか検討しているわけだが。
今回の記事の内容があまりにも都合よく上記の改正案に沿いすぎている点も引っ掛かる。
前提になる点が異なる問題ををわざわざ混ぜてみたり
いかにも世界中から批判されているように印象操作したり
(実際は特定の団体が関与している場合が殆ど。
それが各国国会に規制要望を出し、一部国家で規制が通る仕組み)
この読売記事は政治に絡む気マンマンに見える。
優先順位こそあまり高くない法案だが、与党案が通れば
この国も確実に規制している国同様に冤罪を量産することになるだろう。
だから改正反対が根強いのだ。

念のためまとめ:

エロゲが犯罪を助長に関して:
根拠無し。これが事実なら日本は世界最大の性犯罪国家になっているはずだが、
実際は世界でも最低水準。
鬼畜モノにしたって実際にやれば犯罪になるのは
大人なら誰でもわかることだよね?

イギリスの規制について:
元から極端な規制がこの問題に限らず多い。
そういや欧州のどこかの国では日本のアダルトアニメを
無修正(その国の基準による)で放送した国があるらしい。

児童ポルノに関する問題:
そもそもエロゲ問題とは本来繋がらない問題。
あくまで架空のキャラ、内容もフィクション。
児童個人の人権保護が前提なので人権の無い絵には適用されない。
適用されたら絵に人権を与えるか、児童の人権を絵と同レベルに下げるかのどちらかで、
どっちにしたって大問題。
例:
絵に人権→マンガ捨てたら保護責任者遺棄。破れば殺人
児童の人権を絵と同等→ひっでぇ人権侵害国家扱い

追記:
この抗議を出した『イクオリティ・ナウ』という団体について
軽く調べたが、なんかフェミカルトくさい気がしてきた。
絡んでいる団体や抗議文の内容が。
読売の論調より女性の権利の侵害を理由にしているようだが、
こういう連中に限ってリアルと空想の区別ついてなかったり
男性の権利ならいくらでも侵害してもおっけな論調だったり、
矛盾に満ちている感じだ。
それとNHKでも報道があったようだ。
NHKと読売で報道したってことは、
ほぼ政治的意図があってのことと見て間違いないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »