« 風邪が… | トップページ | また鼻血が… »

2008年3月11日 (火)

準児童ポルノって?

午後7時台のNHKのニュースでもやっていたが、日本ユニセフ(国連ユニセフに非ず)が
漫画やアニメ等も準児童ポルノに含めるよう要望を出すようなニュースを観たわけだが
そんなことしたら一億総犯罪者予備軍どころの騒ぎじゃなくなるのを理解しているのだろうか。
ドラえもんやドラゴンボールの単行本持ってたら逮捕が
冗談や極論の類じゃなくなるってことだ。

そもそも児童ポルノの法益から逸脱している。
被写体の児童の人権保護、簡潔に言うとこれが児童ポルノ禁止法の保護法益である。
撮影は製造罪、他人に売ったり見せたりネットで公開した場合は提供罪と
拡散防止の手段は既に講じられてる。
製造罪が加わったことにより摘発数も一時増加している。
しかし、被害児童の数に関しては一人の児童が何カウントもされているという話があるため
統計としては信用できない。

ここまでは被害児童が実在するため当然の処置なのだが、
被害者が存在しない、それどころか人権も存在しない
絵の中のキャラクターの性描写に対して準児童ポルノ扱いとかどう考えても正気の沙汰じゃない。
現実の児童の人権を絵のキャラと同程度として考えているか、
絵のキャラを実在児童と同レベルで見ているかのどちらかになるからだ。
前者なら人権軽視、後者なら現実と空想の区別がついてるのか疑問である。

準なんて付けても、結局本来の保護法益から逸脱しているため到底容認できない。
そもそもポルノの意味すら理解できていない国なんだから
これも含めて単純所持を禁止したら、あらゆる表現が萎縮し、
玉石混合あってこそ発展して来た日本の文化は崩壊するだろう。

ちなみに、『欧米では絵を規制対象にしている国がある』の
規制している国とはカナダのみである。
そのカナダでは道徳的な罪ってことで、性描写は勿論、
殺人描写や暴力描写もNG。
しかし、性犯罪発生率の統計ではG8中ワースト1だったりする。
確か日本の70倍近かったと記憶しているが…?
アメリカでは絵も児童ポルノ→最高裁で違憲判決→絵も児童…の繰り返しで
児童ポルノに対象に含まれている絵とは、写真を加工したCGのことらしい。
つまりアメリカの言う絵と日本の各規制派団体の言う絵は根本的に違うようなのだ。
例によって規制派団体はその辺無視しまくって自分達の意見に
同調しているとして報道機関を通じてこのようなニュースになっている。
(もっともシーファー大使が絵に対して言及したかは定かではないが)

元々、子供を守るために児童ポルノ禁止法を作り出したのは
ほかならぬ現在の規制派のはずなのだが、
自分達の作った法律の主旨さえねじ曲げてまで絵を含めたいのだろうか?
正直理解できない。

|

« 風邪が… | トップページ | また鼻血が… »

コメント

私も結果発生の抽象的危険すらない行為を規制・刑罰の対象にするのはどうかと思いますね。準児童ポルノの単純所持と被写体児童の人権侵害行為の間の因果関係が科学的に認められれば話は別ですが、そうでないのなら違法化すべきではないと思います。法に倫理を持ち込もうとする法律家と準児童ポルノの単純所持者、一体どちらが危険なの存在なのでしょうか。

投稿: 仮想麗人 | 2008年3月11日 (火) 21時53分

一般人は大方賛成するだろうし、電話アンケートとかされても反対とは言えない(言いにくい)だろうし、きっと通るだろうなぁ

投稿: ググルから | 2008年3月11日 (火) 23時40分

仮想麗人さん
コメントありがとうございます。
今回の規制案は複数の宗教が裏で絡んでいるため、
論理より倫理な面が強いのが問題ですね。
絵の規制は児童保護とはかけ離れた感情論というか、宗教理念に基づくものと思われます。
絵の規制を推し進めている団体も一度も科学的な根拠は示さず、
国民の感情に訴える手段を取っている様子を見るに
彼等にも根拠を示す手段が無いのでしょう。

あと政治家は国民のために国政に携わっているはずなのですが、
その国民を危険に晒す政治家の方がある意味危険かもしれません。
議員立法だと誰も責任取らないみたいですし。

ググルからさん
コメントありがとうございます。
確かに表立って反対はしづらいですね。
しかし、民主党は『絵は保護法益が異なるから除外。
単純所持は守るべき方益がないから削除』という
方針をとっているようです。
社民党の福島瑞穂党首もやはり今回の規制には難色を示しています。
問題なのは一般人。
取っ掛かりになるような話が出たときにそれとなく話を振って
順を追って説明していく方法しかないと思います。
特にネットやってる人や携帯電話持ってる人は一歩間違えれば
自分が犯罪者になることを伝えれば、反対にならずとも、
賛成をする人は減ります。
少しずつコツコツやっていくしかないんですよね…。

投稿: CRS-024 | 2008年3月12日 (水) 01時15分

春画は、いつの時代も目の敵ですなぁ~
しかし、表現の自由に制限となるのは見過ごせません。
そのうち、サスペンス劇場も、犯罪を助長とかイイダスのじゃにかと心配。
サスペンス劇場は、犯罪抑止がありストレス解消になってるともいう。
こんなものは、規制すればするほど水面下でやばいことがおこるし、良くないことが多いいでしょう。
売春屋もソープランドや料亭看板で保健所監督指導で存在するわけですよ。

投稿: TERZ | 2008年3月12日 (水) 02時17分

TERZさん
コメントありがとうございます。
昔からエロ関連は反対しにくいゆえに規制が容易な分野でしたからね。
ファシズムの入り口もエロから始まるのはいつものことですし。
あと、サスペンスに関しては、既に規制が入ってるとか入ってないとか…。
詳しいことはわかりませんが、そういう噂を聞いたことがあります。

こういった規制を行うと、かえって地下に潜って悪化するというのは禁酒法の前例があるので
そういったことも含め、想定しうるデメリットについても考えていくべきなのでしょう。

投稿: CRS-024 | 2008年3月12日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138623/40466671

この記事へのトラックバック一覧です: 準児童ポルノって?:

» 「ヤング・スーパーマン」は、「準児童ポルノ」である。 [混ぜるなキケン!]
 正直な話、シャワーシーンや、児童の性的な姿態には事欠かない。    「準児ポ法」を提案・賛成している、 アグネス・チャン、 森山真弓元法相、及び自民党、 日本ユニセフ協会(早水専務理事や東郷良尚副会長)、 呼びかけ人の後藤啓二弁護士、 公明党の丸谷佳織衆院議員、 民主党の神本美恵子参院議員、 呼びかけ人で「ECPAT/ストップ子ども買春の会」の宮本潤子共同代表、 マイクロソフト、 ヤフーの別所直哉最高コンプライアンス責任者 らは、「ヤング・スーパーマン(原題「Smallvi... [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 23時33分

« 風邪が… | トップページ | また鼻血が… »