« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火)

バーチャル研究会(略)の最終報告

児童ポルノ対策強化を - コミック自主規制、業界へ要請へ~警察庁研究会

警察庁の「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」
(座長・前田雅英首都大学東京教授)は25日、子どもを性行為の対象とする内容の
コミックやゲーム、アニメについて、誤った認識を助長し、犯罪を誘発する可能性があるとして、
関係業界の自主審査や販売規制などの対策強化を求める最終報告書をまとめた。

特に幼い子どもを描くポルノコミックが、同人誌の即売会やインターネット上で多数販売
されている状況に懸念を示した。
同庁は報告を受け、業界に取り組みを求める。
(ソース元=Yahoo! News)

ほら、子供なんて関係なくなったでしょ。
彼等は最初っから二次元を規制することが目的で子供を守ることなんて眼中に無い。
その証拠に一体何人の子供が親によって殺された?
それについてこの研究会も含め各機関は何らかの対策を講じた?
現実問題として起こっていることを無視してこのようなことをやっている時点で
彼等に子供を守る気などサラサラ無いことがわかるだろう。
まあ、『子供を守る』を錦の御旗に掲げて
規制を求めてくる団体って得てしてこんなんばかりなのだが。
ほんと偽善以下の欺瞞だな。

この研究会、過去に様々な識者や、業界関係者などを呼んで
議論を行ったというが、途中までかなり規制派にとって風向きが悪かった。
報告される内容のその殆んどをまともな人に論破されてしまったからだ。
最終的には、規制派自身が『二次元(彼等は児童ポルノと主張)が犯罪を助長する根拠は無いが』
と言ってしまっていることがその証拠だろう。
彼等も根拠がまったく無いのは承知の上でやっているのだ。
権力持つと一番タチ悪いタイプだこりゃ。
しかも、会議の最後の方になってくると、規制をごり押しするかのような内容に変わっている。
つまり、これまでに会議の内容を無視した結果になる。

…で、今回の報告書だ。
ついに根拠のひとつも示さないままに販売規制を求める自主規制を求めてきた。
公権力が介入した規制要求は自主規制って言わない。
立派な憲法違反だ。

彼等には都合よく無視されているが、これらコミック等を所持している人間の
一体何%が犯罪起こした?
可能性だけなら何とでも言える。
サスペンスは殺人教唆、時代劇は大量虐殺or権力で服従、
ハプニング映像は人の不幸を笑い飛ばす等々…。
彼等の主張する根拠はこれと同レベルなのだ。
『子供』を錦の御旗ににされてしまって状況が良く見えない人も
これを前提に考えればいかにおかしなことを言っているかわかるだろう。
子供を守ることは確かに大事だが、守る対象を見誤ってはいけない。

このように、バーチャルから子供を守ると言うのは、
親の考える内容とは程遠い結果だ。
内容を紐解いてみれば子供とはかけ離れたところに行ってしまっている。
現実の子供を守らずに架空のキャラの規制に躍起になる研究会立ち上げた奴って
本当に現実と空想の区別がついているのだろうか?

ちょっと追記:
2ちゃんでわりと重要な感じの書き込みを見たので勝手にコピペ。

17 :朝まで名無しさん :2006/12/26(火) 00:29:03 ID:CdW2I/nE
成人漫画3割で「子供と性行為」…警察庁が規制要請へ (読売新聞)
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/book/story/25yomiuri20061225i114/

>警察庁が先月、約9000件のアダルトコミックのうち100件を
>サンプル調査したところ、30件に子供を性行為の対象とした描写
>があり、うち5件は小学生以下の子供だった。

出たよ。数字のマジック・・・orz
なんかオカシクね?と気付ける脳が正常に動いてる人が一人でも多い事を
願うぜ。

18 :朝まで名無しさん :2006/12/26(火) 00:32:14 ID:nma+UUll
成人漫画3割はウソ。本当はサンプルのうちの3割。
マスゴミの捏造・印象操作記事。


おそろしいな。

さらに追記:
議事録読む限りだと、何を今さら…な内容だな。
しかし、今回の議事録がネット規制や表現規制といったものに繋がるのではないかという
懸念はある。
今まで規制派と言うのは自分の要求が通ると必ずエスカレートしてきた過去があるからだ。
かつての表現弾圧の歴史も、やはり反対され難いエロ関係から始まったことを考えると
今回の規制も行き着くところは同じになるのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

NHKの討論番組の感想

19:30から『日本のこれから』という討論番組を行っていたが、
討論そのものはまともだったが、NHK側が編集した映像や、
設問等の悪質さが目に付いた。

個人情報を掲示板に晒され、その削除を求めたが応じてもらえなかったという話は
該当する板、スレッド、レス番などを一切書かずに削除を要請していたわけだが、
それでは削除人が動けるわけが無い。
知り合いに住所も知らせずに『ウチに来て』って言っても『はっ?』ってなるようなモンである。
対応しようにも動けないのに対応してくれなかったとはこれいかに?

設問に関しても坂村氏が述べたとおり、質問内容が悪い。
『安全』や『子供』を全面に押し出し、それらを優先した場合、
何が失われるかなどのデメリットの面が何も出されていない。
(後になって討論で示されていた場合もあったが)
こういう方向に持っていきたいという意図が見え隠れしていた感じだった。
参加していた人が比較的まとも(一部除く)だったのが救いだ。

あと、『サイバー犯罪条約』に日本が先進国中最初に批准したとあったが、
はっきり言わせてもらえばあまりにも軽率な行動である。
プライバシーや人権の問題上、これらを後退させることに繋がるし、
なにより、表現、言論等の自由が失われる結果に繋がる。
このことにはもっと慎重になるべきなのに政府の軽率さには呆れた。

結局、携帯だろうがメールだろうがネットだろうが使う人次第なのだ。
『個人のメディアリテラシーをどうするか』が課題なのであって、
何かを無くしてしまえばいいという考えはあまりにも短絡的ではないだろうか?

…で、最大の疑問はバーチャル研究会(略)で匿名議論している竹花豊氏が
何故匿名性排除を謳っているのか?
あまりにも矛盾している。
番組冒頭でも『巨大な不幸の創出と蓄積』と書いていたが、
これが彼がネットに対して抱いている本質だとすれば、
彼が求めているものはネットの完全排除であることが想像できるだろう。
彼は日本を統制国家にしたいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

ラクガキ王国2~その3~

何か暇になるとついつい始めてしまうラクガキ王国2。
何ヶ月も前に描いて最近修正したものを晒してみる。

Elf_girl Elf_girl_1

いつぞのエルフの少女を作ってみたが、どうにも腰の辺りが納得いかん。
『からだ』から作り直してみたものの、結局納得のいく出来にはならずに破棄。
武器に攻撃時のみ見える杖を持たせてみた。
素手だと納得がいかないのはオレだけ?
さらにニーソ(正確にはオーバーニーソックス)に悪戦苦闘。
何度描き直しても変な形になったり、
『もようペン』で塗りつぶしても、ニーソの色がはみ出たり
容量は無駄に喰うわで納得のいくものが作れず。
半日考えてふと思いついたものを実践してみた結果あっさり成功。
なるほど、太腿の部分を細く描いて、太腿は別パーツを膨らませればよかったのか。
これまで作れなかったキャラもこれで作れるようになった!
…ってことで、今後もニーソキャラは増えていく予定。

Tanaka_san_original Tanaka_san

8月の終盤に描いた田中さん(仮)。
なぜかスク水が描いてみたくなって作ったキャラだけど、
いろいろあって3回は描き直した。
…で、そこからラクガキ化した。
上のエルフの少女とは違い、誰かが考案した『女体描画法』を使ってみたが、
これがなかなか難しく、思い通りのスタイルにならなかったり。
さらに同エルフで使ったニーソの書き方もいきなり流用。
デッキブラシは武器扱い。
振ると柄の方で殴る。

ホントにラクガキ王国2の可能性って無限かも知れん。
今まで無理だと思っていたニーソとかちょっと頭ひねればあっさり描けたし。
暇になったらまた描くかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

自転車買った

書こうとして画像用意してなくて、結局こんなズレこんだけど、
先月28日に新しい自転車を買った。

M_teen01

MIYATA製2007年モデルTEEN、価格49,800円。
安いバイクだったら買えてしまうような価格だけど気にしない。
(ついでにTEENにも突っ込まない方針で…)

普通の自転車と違いチェーンではなくベルトタイプでこぎ出しが非常に軽く、
走っている時もガチャガチャいわず非常に静か。
3段のギアチェンジはもはや最近の自転車では珍しくないので省略。

Ulb_light2_01 Ulb_light2_02

この自転車でかなり重要な部位でもあるライト。
ウルトラレーザービーム2というもので、いま主流の白色LEDの自動点灯式。
前輪にハブダイナモがついている車種なら大抵は取り付け可能。
(俺は過去に別メーカーの車種に、このライトのひとつ前のバージョンをつけていた)
もちろん明るさは従来の豆球のライトより明るく、
低速でも一定の明るさを保つことができる。
確かこれのひとつ前のバージョンは5,000円くらいだったような…。

Spd_meter

アクセサリ…っていうか、完全に別メーカーのものだけど、
スピードメーターもつけてみた。
速度や時間、距離など様々なものをカウントしてくれる。
暗いときは後ろのボタンを押すことで役3秒間バックライトが点灯する。
夜に時間確認するときには便利だが、余所見注意。
ワイヤレスなので線が引っ張られる心配なし。

Heat_gauge

温度計。
気温10℃切ってる…。
これはカラビナベルトキーホルダーに付いていた温度計を外して自転車につけたんだが、
気温が具体的にわかってしまうと余計に寒く…。

Mini_bag

小物入れに便利なミニバッグ。
ホントはサドルの後ろに付いていたんだけど、
鍵の都合、サドルにつかなくなってしまったので、かごの上に移動。
中には一応非常用の14灯LEDライト(ゲーセンでゲット)がひとつ入っている。
まだスペースに余裕があるのでなんか入れようかなとは思っている。

Haruhi_key_1

鍵。
ハルヒスイングを鍵に取り付けてみる。
このロックシステムはなかなか良くて、
鍵をかけると前のハンドルもロックされる。
ハンドルがロックされるので盗難抑制効果も期待できるし、転倒防止効果もある。

さすがに高いだけあって機能のほうも優秀で文句なし。
走ってて楽しいよこれ。
あとは錆び止めのためにワックス塗っとくくらいかな。

あ、方位磁石付けとくの忘れてた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »