« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月15日 (水)

表現規制問題関連報道2件

共同通信?室蘭民報?まあ、どっちでもいいや。
兎に角この記事から。

友いないといじめ2倍に 人間関係の希薄さが背景か

記事の後半の方にゲーム・テレビ関連の記事があるが、
この記事によるとゲームやテレビを3~4時間プレイ、もしくは視聴していると
いじめをする経験が多いとある。
ふーん、これまでのこの手の内容をまとめると、
ゲームやテレビ、携帯やネットなどに割く時間が多いと
『キレやすくなり、ひきこもりになり、いじめをするようになる』らしい。
なんだそりゃ。
矛盾しすぎて俺には説明できません。
何でもゲームやネットに責任転嫁するもんだから
たぶん言ってる連中も理解不能な状態になってるんじゃないか?
それよりいじめにあった子供の方のゲームやテレビ等の時間測ってみようぜ。
いじめる側と決定的違いが出るかやってみてほしいもんだ。
とても違いが出るとは思えんがな。
しかし、これまでの国をあげてのいじめ問題隠蔽を
ゲームに責任転嫁してくるとはほんとに呆れた。
ぜってーいじめ問題解決する気ないだろ、これ。

もう一件、例の『バーチャル研究会(略)』絡み。
PDFが見れなかったので2ちゃんからのコピペ。

>1 現状追認
>○ 既存の法令でできる限りの取締りを行う。

>2 出版社、プロバイダ等による自主的な取組の促進
>○ 出版社や販売店、プロバイダ、電子掲示板管理者等に対し、次のような事項の遵守を求める。
>・ 子ども(13歳未満)に対する性行為等を慫慂し、犯罪行為を助長するおそれのあるコミック、ア
>ニメ、ゲーム等を取り扱わない
>・ これらのコミック等を販売する場合には、専用シール(例えば「13歳未満との性交は強姦罪にな
>ります」等)を貼付する。
>・ これらのコミック等を販売する場合には、区分販売等を進め、子どもに触れさせない 等

>3 子どもに対する性行為等を表現した画像等の流通禁止
>○ 子ども(13歳未満)に対する性行為等を慫慂し、犯罪行為を助長するおそれのあるコミック、ア
>ニメ、ゲーム等について、業としての販売、インターネットを通じた提供等多数の者の目に触れ
>る行為を禁止する。

>4 子どもに対する性行為等を表現した画像等の制作の禁止
>○ 子ども(13歳未満)に対する性行為等を慫慂し、犯罪行為を助長するおそれのあるコミック、ア
>ニメ、ゲーム等の制作を禁止する。

>5 児童ポルノの単純所持の禁止
>○ 児童ポルノ禁止法で規制されていない児童ポルノの単純所持を禁止する。

既存の法令では2~5全て行うことは不可能。
更に憲法違反。
単純所持による冤罪等の諸問題すらクリアできていない。
児童ポルノで禁止されていない児童ポルノとは彼等の言うところの『絵』である。
2~4で執拗にコミック、アニメ、ゲーム等と書いていることから
兎に角発禁にすることが目的で、そのあとどんな弊害が起ころうが知ったこっちゃないのだろう。
そして、これらを児ポに含むと『絵に人権を~』になる。
さらに、子供に悪影響云々もゾーニングやレーティングの存在を無視した内容。
当初、この研究会が立ち上がった頃に我々が予想した結論に一直線に進んでいる。
特定の結果に導くようなやり方って『やらせ』って言わないか?

かつて、犯罪を助長するから規制と言った内容でこれら規制論はこれまで何度も
沸き起こってきたが、その度に資料等を提示してそれが根拠のない思い込みであることを
提示してきたわけだが、前回辺りから『俺が気に入らないから規制』にスタンスが変わっている。
これこそが、かえって彼等の根拠の無さを露呈するだけの様な気もするのだが…。
逆に追い詰められているから権力をもってねじ込もうとしているのか…?
どちらにしろこれで『子供のため』さえ嘘であることがはっきりしただろう。

資料4に関して。
美少女ゲーム(成人向けPCゲームソフト)業界の概要の部分。
資料中ではダウンロード販売が増えたと報告があるが、
なんでそんな報告する必要があるの?
もはや子供とは微塵も関係無いし。
ダウンロード販売が増えたからってそれを利用しているのは
クレジットカードを持っている大人だ。
子供が買えるわけじゃない。
さらにエロゲーと犯罪の発生に何の因果関係も無いことから
一体何の報告だったの?って感じになってしまう。

この研究会は回を重ねるごとに迷走していたので
強引に当初の目的に戻そうとしているフシがある。
そのため、先ほどのコピペのようなこれまでの会議の内容を
徹底無視したおかしな内容の案が出てくる。

こんないい加減な『有識者会議』が法的根拠になってはたまらない。
こっちはこっちで資料を含めた反論をこれまで通り行う方向しかない。
もうしばらく膠着状態は続きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »