« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

STOP!子どもポルノのシンポ内容に突っ込みたい

風邪で思考能力絶賛低下中!!
駄菓子菓子、寝ている間にまた変な表現規制論が出てたようだ。
ところどころ変になっている部分もあるかもしれないがご容赦いただきたい。

引用機能がどうにもうまく使えなくなってしまったので該当記事へのリンク。
livedoor ニュースへ

いつものように子供を錦の御旗に掲げてあーだこーだ言ってるが、
どさくさにアニメ・漫画の絵まで児童ポルノ扱いしている。

法律上対処できないと書かれているが、法律上対処出来てしまったら問題なのだ。
児童ポルノ禁止法はそもそも子供とその人権を性的虐待や性的搾取から
保護することを目的とした法律だ。
当然のことだが、絵には人権は存在しない。
だがこの中に絵の存在を認めてしまう場合、絵の中のキャラに人権が発生することを意味する。
そのため、漫画雑誌を処分なんてしようものなら、処分した人は大量殺人者だ。
他者の人権を不当に蹂躙することは犯罪行為なのだから当たり前の話だ。
だからといって、児ポ法から人権部分を削除すれば、じゃあなんのための法律か
…ってことになってしまう。
そのため、現在の規制派の中では児ポ法に絵を盛り込むことには消極的のようだ。
もっとも、消極的なフリをしただけのブラフかもしれんが…。

現在規制派は『児童ポルノ』と『子どもポルノ』を意図的に分けて使用している。
よほど事情に通じている人でなければ同じものとして捕らえてしまうだろう。
『児童ポルノ』はあくまで法的根拠に基づいて規制されているものであり、
『子どもポルノ』は意図的に絵まで含めた造語と考えてよいだろう。
このため、規制派の中では『アニメ児童ポルノ』なんて
同じ単語の中で矛盾する言葉まである。
先に述べた通り絵に人権は無い。
規制すべきはあくまで『児童ポルノ』であり、絵は持ち込むべきではない。

また、『アニメ・漫画などが犯罪を助長する可能性がある』の部分に関しては
い い 加 減 に 根 拠 の ひ と つ で も 示 せ や !
この一言に尽きる。
何せ何年も前から言われ続けている(ヘタすりゃン十年前)ことなのに
未だに根拠やデータのひとつも示さないまま今に至っているのである。
ちなみにこの件に関しては規制反対派(全体では無い)から
抑制効果の指摘が出ている。
1950年代にデンマークで(成人)ポルノ解禁で性犯罪を減少させたことがあるらしく、
更に、日本国内ではこれだけエロメディアが発達しているというのに
性犯罪発生率が諸外国に比べて極めて少ない。
このため、規制はかえって逆効果になるのではないかというのだ。
規制は進んでいるのにいっこうに犯罪が減らないのはなぜか。
そろそろ根本的な部分にメスを入れてもいいんではないだろうか?

あとポルノではないが、子供に見せたくないもの、有害であると考えるものがあるなら、
フィルタリングソフトを導入すればいい。
これが『観たくない人の権利』を守ることになるのだ。
最近ではウイルス対策ソフトにも、このフィルタリングソフトのようなものが入っている。
どうしても…という人は、フィルタリングソフトを導入を検討するか、
ウイルス対策ソフトのフィルタ機能を有効にしてみてはいかがだろう?
それが、『見たい人の権利』を侵害することも無く、摩擦も回避する術でもあるのだから。

ちなみに、規制反対派は児童ポルノ禁止法そのものに反対しているわけではない。
そこに創作物も規制対象にすることに反対しているだけなのだ。
子供を守ろうという考えは同じであることを理解していただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

件の秋葉の事件について

秋葉原でメイド服着てバイトやってた女性が強制猥褻に遭うという事件を
各社マスコミが報じていることは既に知っていると思う。
(…っつーか、もう知ってる前提という方向で)

新聞やテレビでの報道を見ていると、相変わらず酷い報道内容ばかりである。
もうマスコミの中では犯人がオタクであること確定のような報道だ。
犯人の特徴が『25~30歳、眼鏡をかけていて面長、
身長160cm痩せ型、白地に青のチェックシャツ風の服を着て、ビジネスバッグをたすき掛け』

…とまあ、典型的なオタクのイメージのような恰好だ。

しかしそれだけの特徴で断定か?
日本のマスコミと言うのは相変わらずイメージ先行で犯人像を断定するんだな。
葉を隠すなら森の中…という言葉があるように、
偽装工作している考えは浮かばなかったのだろうか?
犯人は、人気(ひとけ)の無いところでナイフで脅すという周到さもあるのだ。
少なくとも行き当たりばったりでは無いとおもうが。

…というか、そもそも『電車男ブーム』を煽って、
秋葉原に人を流入させたのって他ならぬマスコミじゃないか。
人が増えれば変なのも流入してくる可能性があるから、当然犯罪が起こる可能性だって上がってくる。
煽って何か事件が起こればオタクのせいですかそうですか。

…ん?あれ?
ここまできて少し変なことに気づいたんだけど、
マスコミの言うオタクって確か大人の女性と話すことが出来ないからロリコンになるって
言ってなかったっけ?
今回の被害にあった女性の年齢は18歳。
成人こそしてないものの、扱いの上では大人のはず…。
マスコミの言うオタクって随分と転身が得意なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

一応生存報告

ここしばらく放置しすぎた…。

…というのも、規制問題も趣味関連も日常にも大きな動きがないのだ。
本家の一行日記で事足りるような様なことをわざわざこっちに書くわけにもいかず、
結局放置というかたちになってしまった。

せっかくネタにしようと思っていたゲーセン景品の2WAYランタンも結局壊れていたし。
プライズフィギュアも肝心のゲーセン側が入荷してくんないもんだから
入手できない状態が続いているし。
日常もネタに出来るようなことはやってない。
マジで書くことねー…。

……えっ、教育再生会議?
あー、なんかあれも規制問題に絡みそうな感じがするっちゃするんだが、
発足したばっかだし、まだ何の問題発言も出てないから静観するしかないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »