« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月28日 (金)

バーチャル研究会(略)のこと

風邪のせいで寝込んでた…。

警察庁の『バーチャル社会の弊害から子どもを守る研究会』の議事録より。

>>ストーリー性の話が出ましたけれども、私はD委員(=江川氏?)の質問に対して、
>>このような情報、子どもたちを性暴力の対象としてそれを楽しむという権利が
>>大人に認められていいとは僕は思いません。
>>もしそういう人たちがいたとしても、それは我慢すべきものだというふうに僕は思います。
>>もう1つ申し上げて皆さん先生方のご意見をお伺いしたいんですけれども。
>>もちろんいろいろな情報があるわけですけれども、
>>子どもを性の対象とするという情報というのは、
>>まず基本的に刑法に触れる行為を情報として提供するわけですね。
>>強姦にしろ、同意があっても強姦罪なんです。
>>子どもがうれしくったって強姦罪なんです、これは。
>>そういうふうに日本の社会は法で決めているわけですね。
>>しかし、そういう情報が流されている。
>>それはそれ自体としては問題にならないと思うんですね。
>>というのは、どんな小説だってそういうシーンは
>>いくらも出てくるわけですから、犯罪になる話は書いちゃいけないと言ったら
>>世の中どうかしちゃうわけなんですけれども。
>>問題はそうじゃなくて、今、C委員(=坂元氏?)からも繰り返し出ていますけれども、
>>そういうことで子どもが喜ぶということでその種の犯罪に当たる行為を助長する、
>>そういう情報の質が僕は問題ではないかと。
>>そこの点をとらえれば、大人社会としてはそんな情報を野放しにはできないよと
>>言ってもいいのではないか、子どもたちのために、と僕は感じるんですね。
>>ですから、別に刑法に当たるような情報を流しちゃいけないとは僕は言わないけれども、
>>そういうことをいいことだとする情報、あるいはあおる情報を放置しているのは
>>大人として無責任じゃないかというふうに僕は
>>感じているということを申し上げたいと思います。 (了)

もはや話の前後すら繋がっていない…。
自分で規制はよくないと言っておきながら、その直後に規制しろとは。
そもそも、それら情報にはそれが『いいこと』だとは一言も書かれていないはずだが、
何をもって『いいこと』としているのだろうか?
妄想でいちゃもんつけるのもいい加減にしてもらいたい。

しかし、驚いたことがひとつある。
『自分の気に入らない情報は難癖つけて規制する』
って宣言している。
今までこういう思想が根底にあるって話はしてきたが、
おおっぴらに宣言してきたのはおそらくこれが初めてではないだろうか?
そして、規制した結果どういうことになるかがまったく考えられていない。
目先の欲にとらわれすぎではないか?

別件だが、経済産業省や外務省が日本のアニメやゲームなどの
コンテンツの海外輸出を促進させようとしている。
これでゲームやアニメ等産業が活性化するのならいいのだが、
もし、文化の上澄みだけを掠め取ろうとしているのなら言語道断である。
文化もそうだが物事には必ず、正と負の両面がある。
両面あって初めて文化は文化として発展しているのだから、
正の部分だけをすくい上げようとすれば、その文化は維持できずに衰退する。
上澄みだけをすくい上げるようなことはないようにしてもらいたい。

だめだ、思考能力が落ちてる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

雑記acte.17

うっかりしすぎて一週間以上放置しちまったょ。

11日に友人Tと小田原まで行ってきた。

Tの仕事の関係で小田原の警察署まで車庫証明を取りにいくんだけど…。
あいにくの曇りだったんだよなー、その日は。
なんとなく箱根越えになったわけだが、ひっでぇ霧。
運転してたのはTだけど、あの中じゃ神経使うんじゃなかろうか?

Mist_hakone

これは帰りに撮った写真だが、ごらんの通り30m先が見えない。
白い世界で車とすれ違っては消えていく状態。
運転している方も怖いだろうが、見てるほうも怖い。
ちなみに横を見ると…。

Mist_world

そこには白い世界がありました。

っつーか、完全に無計画のまま出てきてしまったので、
小田原警察署行った後、なんもすることがなかったわけで…。

結局、地元戻って3rdプラネットでクレーンゲーム三昧。
1プレイ100円のクレーンのアームが激弱すぎてやる気なくした。
全体的に設定が凶悪だったな。
それでも、7品取ってきたけど。

その後、飯食ってさらに別のゲーセンへ。
こっちでは置時計とLEDライト×2、謎の出銭プライズ×2を取ってきた。
友人Tはタバコの煙んぽ吸引機取ってた。
あとは家電量販店であれこれ商品見つつ雑談。
そこそこ遊び倒していた気がするが。

そういえば数日前、同級生のUが暴行で逮捕された。
もともと親しいわけではなかったので中学卒業以降何やってたかは知らんが、
たしか前は恐喝だかで逮捕されてたなぁ。
同級生の逮捕って知っているだけでこれで2人目か。
なんでこう犯罪行為を繰り返すんだか…。

なんだってぇぇぇぇぇぇぇぇeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!!
またまた『エルフの少女』発売延期かッ!
…って、まあ、この業界ではこれくらい日常茶飯事だから気長に待つとしますか。
発売予定は8月とのこと。

おまけ:
野生を微塵も感じさせないウチの猫。

Nuku_neko

こんな恰好で寝てて、しかも写真撮っているのにも気づかない。
警戒くらいしろよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

おとぎ銃士1話 感想

言いたいことはいろいろあるのだが、これだけはどうしても言いたい。
…っつーか、言わせてくれ!

メインターゲット層どこなんよこれ?

テレビ東京系列、毎週土曜9:00~9:30放送『おとぎ銃士 赤ずきん』。
もともとOVAだったやつなんだよなーこれ。
いつになったら続編出るのかと思ってたらTV放送になったし…。

…で、本放送観ての感想。
剣と魔法のファンタジーだったり、女児向け販促あったり、
販促アイテムだと思ってたら武器(ハサミ→双剣)に形状変化したり、
秋葉出たり、おでん缶の自販機出たり…。

なんかもう、すっげぇカオスだった。
おおまかな設定はOVA版と大差ないようだけど、
ちょこちょこ違うところがあったり、シナリオ面ではまるで違ったり。

赤ずきんの声が田村ゆかりのせいか、
画面見ないで声だけ聞いてるとまんま『なのは』なところが…。
赤ずきんが突然『ドライブイグニッション!』とか言い出したり、
ハサミ(双剣)が『standby ready?』とか喋りだしても違和感が無い。
まあこの辺はオレが、なのはA'sのDVD6巻を買ってきたばかりということも有るかもしれんが。
(草太が『ワクワクが止まらねぇ!』とか『結果オーライだぜ!』とかでも違和感ないが…)
以上、声優ネタでした。

最後にもうひとつ。

赤『頭巾』じゃNeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!!!!!

どう見たってあれはヘルメットだって!
まあ、コレはどうでもいいツッコミか。

まあ、あれこれ突っ込んでしまったけど、たぶん今後も視聴継続すると思う。
シナリオがまだ導入部分とはいえ、全体の出来そのものはいい感じがするし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »