« 雑記acte.16 | トップページ | リセット症候群? »

2006年6月25日 (日)

奈良の放火殺人事件について

一連の報道観ているとやはりというかなんというか、
お約束のバーチャル叩きに入っているなマスコミは。

リセットという言葉をやたら多用して、(特に日テレ)
犯罪を犯すことがまるでバーチャル感覚であるかのような
印象操作(…というか、もはや捏造)を行っている。
こいつ等は団塊世代がよく言う『第二の人生』とか
どう思っているんだろうな?
あれもリセットと同義語なんだが。
思考がパターン化しすぎて言葉本来の使い方を忘れてるんじゃない?

今朝方、THE・サンデーとサンデーモーニングの両方を見ていたわけだが、
日テレのTHE・サンデーはいつものようにリセットを強調、
サンデーモーニングに至っては、コメンテーターが、
『ゲームやネットは消去が出来る。
そういう感覚に慣れすぎたのではないか?
自分たちの世代にはそういったものは無かった』

…といった趣旨の発言をしていたが。
ほうほう、この世代は黒板消しも消しゴムもないのか。
消去ってのは何もデジタル専門用語じゃないんだがな。
自分たちを正当化しようとしすぎて言葉の使い方すら判らなくなってるんだろうな。
正しい言葉づかいはどこいったんだか。

…で、事件背景には親によるスパルタ教育があったわけで、
どうやらこの親はテレビ視聴の制限や、ゲーム禁止とかやっていたそうだ。
この場合、バーチャルとかリセット感覚とか通じないと思うがな。
勉強部屋のことを『ICU(集中治療室)』等と呼んだりしていた事の方が
はるかに問題あるだろ。
勉強できなきゃ重病人か?
失礼にも程があるだろう。
逃げ場の無かった少年が自暴自棄になった結果、
今回のような放火に発展したと考えるのが自然だろう。
親の教育も過剰になってはいけない。
今回の事件は子供が押しつぶされるような過度なプレッシャーをかけるのは
良くないという事例にもなっただろう。

|

« 雑記acte.16 | トップページ | リセット症候群? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138623/10668782

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良の放火殺人事件について:

« 雑記acte.16 | トップページ | リセット症候群? »