« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月26日 (日)

絵とか~03~

こ…腰が痛い…。

riena-04

気分次第で描くと変なえばっかになり、
この絵一枚描くのに4枚も無駄遣いした…。

ああ、腰が痛い…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

奈良のトンデモ条例再び

以前、国会ですらその問題の多さから成立させることの出来なかった
『児童ポルノ単純所持禁止』を含む条例を作成、成立し
危険性を知るものたちを呆れさせた奈良県議会。
法律や憲法を越える違憲行為を平気でやらかす県議が今度は
未成年の言論統制を条例化した。

少年の補導に法的根拠 奈良県が初の条例可決

飲酒、喫煙や無断外泊、深夜はいかいなどの「不良行為」を細かく定義し、
警察官らによる少年補導に全国で初めて法的な根拠を与えた

「奈良県少年補導に関する条例」が24日、
県議会で賛成多数で可決、成立した。施行は7月1日。
少年犯罪の深刻化を受け、
警察庁も補導手続きの明確化など
非行防止法制の在り方を検討中で、これを先取りした形。

警察官が少年を一時保護したり、たばこなどを預かる権限も規定しており、
「警察の権限拡大や少年の人権侵害につながる」と批判も出ている。
補導の対象となる不良行為として列挙されているのは26項目。
20歳未満では、飲酒、喫煙などに加え「暴力的行為に発展する粗暴な言動」
「みだりに異性に触れ性的不安を覚えさせる行為」など。
(ソース元:長崎新聞社より)

まあ、憲法違反をやらかした県議だからミジンコ程の良心も期待しちゃいなかったが、
弁護士ですらその危険性を指摘するような条例を
内容を殆んど変更せずに成立させるとは…。
本当に日本なのか、奈良は。

以前の子供を守る条例とやらは、
子供への声かけを禁止した条例や、児童ポルノの単純所持を禁じたものなど。
声かけ禁止、つまり、子供の方から挨拶してきて返したら警察沙汰。
児童ポルノの単純所持禁止は冤罪を生み出しやすく、
かつ、冤罪であることを立証することは非常に難しいもの。
例えば、ウイルスや勝手に組み込まれ動作するソフトの中には
児童ポルノをどこからとも泣く拾ってくるものが存在する。
また、以前東京で架空請求の一種として猥褻DVDが都内の中高生に
送りつけられた事件があった。
その中に13歳未満の児童が映った映像が含まれていたらその時点で逮捕。
荷物を受領した時点でその所有権が受領者に移るためだ。
上記の2つは名目上の単純所持が成立するわけで、
かつてアメリカではこれらを使った冤罪事件が多発したという。
それ故、中央立法としての成立が何度も見送られてきたのだ。

そして、今回の条例、何が問題かというと、

キ 自ら進んで、インターネットを利用して、全部又は一部が奈良県青少年の健全
   育成に関する条例第18条第1項各号のいずれかに該当すると認められる情報を
   閲覧し、視聴し、又は聴取する行為

コ 他人を中傷するような情報を、インターネットを利用して他人が閲覧すること
   ができる状態に置き、又は電子メールを利用して他人に送信する行為

ス 正当な理由がなく、義務教育諸学校(学校教育法(昭和22年法律第26号)
   に規定する小学校、中学校、中等教育学校の前期課程又は盲学校、聾学校若しく
   は養護学校の小学部若しくは中学部をいう。)を欠席し、又は早退し、若しくは
   遅刻して、徘徊をし、又は生活の本拠を離れて遊技若しくは遊興をする行為

『カ・コ』の部分は事実上の検閲である。
本来個人情報であるIPやログ等は事件以外の提出はあってはならないもの。
これを公然と条例に組み込む神経がわからない。
『ス』に関しても、いじめや嫌がらせを受け、学校が嫌になってしまった
学生はどうすればいいのか?
引きこもることが必ずしも正当な理由にはなり得ないくらい曖昧なのだ。
無理して学校来て体や精神壊すか自殺でもしろというのか?
愚かなことこの上ない条例だ。

実はこの条例も以前の憲法違反条例同様、奈良県警の作成したもの。
内容を見ると警察権力拡大とも取れる。
しかもそれを何の疑いもなく可決・成立させる県議は県警の傀儡か何かかと疑いたくなる。

資料:奈良県青少年補導に関する条例(案)

22:20
テレ朝の報道ステーションでこの条例に関する報道キタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

アル・アジフ

おっし、アル・アジフ届いたどー!

AL_AZIF

…って、これ予約したの去年の10月の上旬じゃん。
たしか、相当出来がよさげに見えて迷うことなく予約ボタン押したんだよなぁ。
まあ実際問題なしのいい出来なんだけど。

目立たないところに細かいゴミみたいなものがついていたり
形成色のところに塗装が付いていたりしたけど、
この辺りは修正が聞くから問題ない。
脚の部分がPVCではなく、ABSの類に感じるんだけど…。
爪で軽く叩くとコツコツ音するし、肌の質感を出すためなのか
ちょっとザラザラした感じになっている。
この立ち方だし、へたれ防止のためにこうなったのかもしれないけど。

『人形は顔が命』とか言ってるけど、そこも問題なし。
以前出たアルはボークスの組み立てキットと、
ソリッドシアターの完成品PVCだけ(?)、
あとガチャの方でバンダイが出していたと思うのだが、
ボークスはガレキだから塗装用具揃えなきゃならないし、
ソリッドシアターのは小さいし、バンダイに至っては
全然似てなかったから今まではスルーしてた。

まあ、久々に当たりな感じのするいいフィギュアでしたとさ。

あ、もうあちこちで売り切れてるようで…。

追記(14:51):
今某画像掲示板のぞきに行ったら、
このアル・アジフ一体12,000円とかって画像見た。
いくらなんでもぼったくり過ぎだろそれは。

『またもや発売と同時に市場から消えた一品!
この機会を逃すな!!』

…って、逃すわこの値段じゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

FFXII買ったけど…

全世界待望のRPGこと、FF12が発売してから2日が経ったわけだけど、
序盤簡単にプレイしての感想。

どこのオンラインゲームか…、これは。
ADB(アクティブ・ディメンション・バトル)というこの新システム、
早い話がオンラインゲームのそれと殆んど替わらないシステムだったり…。

あと、雰囲気がベイ○ラン○・ストー○ー?

弟がPS2を占領しているため、まだまだ序盤だったりする。
ウェアウルフからアイテム盗んで逃げまくったり、
ストーリー無視してなんとか城塞とやらで新しい装備買ってきたりと、
脇道にそれてばかりでちっとも進まなかったのが原因だけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

絵とか~02~

elephina2-1
↑以前ラクガキ王国2で書いたキャラ

elephina_t
↑キャラ作成に使用した原画

スキャナを発掘したので以前ラクガキ王国2で作ったキャラの
原画に色を塗ってみた。

容量オーバーによりあちこち妥協したわけだけど、
一応、基本的な部分は原画のままなので雰囲気は生きてる…と思う。
脚回りはもう少し作りこみたかったなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

ポーションその3

ごめん、実はまだやる気。

POTION2

各地でアンデッドたちの断末魔が聞こえる今日この頃。
ポーションのその威力の凄まじさに驚嘆しております。
いきなり100回復するわけじゃないけど、時間回復はしてるなこれは。
いつもは気だるい朝も、ポーション飲んでおくとテンション高くなる。
さすが神秘の薬だ。

そういえば、以前からFFをプレイしている人間は覚えてるかもしれないが、
ポーションって始めの頃は今のような瓶ではなく、丸い物体だったんだよね。

IMAGE

※:イメージです

ハイポーションはこの丸い物体の中に宇宙空間のようなものが
広がってたりして、『どうやって使うんだコレ』とか思ったものだ。

…で、今回買ってきたポーションで丸い物体に挑戦してみた。

POTION3

なんか、楕円のアイスキャンディーが出来た…。
しかも、匂いが…酷い……。
さすがに食べられませんでしたとさ。

調合:
『ポーション+○○』が一部で異様に流行ってる。
曰く、ポーション+ラーメン=ポーメン
曰く、ポーション+刺身=ポしみ?
曰く、ポーション+おでん=ポでん
いやそれ、食っててステータス異常起さないか…といったものばかり。
しかし、ポでんの美しい色の卵、ダイコンは笑った。
食べた人のレポート聞いてると絶対やりたくはないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

ポーションその2

なんか評判聞いてると、味が濃いって話を聞くけど、
少し薄く感じたオレの味覚がヘンなのだろうか?
濃いもの食べた後だから薄く感じただけかもしれない。
また明日買ってきて飲んでみる。

…で、青色着色料が入っているわけだが、
どうやらこの青色一号、発がん性物質が含まれているらしい。
…って言っても、人間が一生に摂取する量では
ほぼヤバくなることはないそうなので、心配する必要はないようだ。

そういえば、ポーション飲んでダメージ受けた人がいたみたいだけど、
知らず知らずのうちにアンデッドなってた人がいたのか。(笑)

んっ?
もしかして、HPが100%の時にコレ飲むと気持ち悪くなるのと引き換えに
最大HPが1増えたりしない?←(増えません)

あとは自分を包丁で刺してポーション使って
回復しようとする馬鹿が現れないことを祈るばかり。
(…っつーか、FFでは包丁は一撃死じゃん)

余談:
▼ちょうごう
ポーション+マムシドリンクはどうなるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

ポーション

どこにカテゴリすりゃええねんコレ。

POTION

写真はファイナルファンタジーでお馴染みの『ポーション』。
…のXII仕様。
発売日は3月7日なのだが、フライングして買ってきた。
しかも、コレ置いてある棚だけスッカラカンだし…。
売れてるなぁ。
ところで、HP回復量は20050?(22:13追記:回復量100かいっ!)
写真の左側が通常版、右は300万本限定のプレミアムボックス版。
価格は通常版191円、限定版は600円。
少々お高い清涼飲料水だが、中身はどちらかというと栄養ドリンクっぽい。
ローヤルゼリー、プロポリスエキス、エルダー、カモミール、
セージ、タイム、ヒソップ、フェンネル、マジョラム、
マンネンロウ、メボウキ、メリッサと、いろいろ入っているようだ。

肝心のお味の方は…、なんというか…、その…、まあ、なんだ。
リポビタンDを薄味にしたような感じ。
しかも、瓶だけではなく、中身も青い。
正直複雑な味だが、もともとポーションってこういう意味なんだから
原材料といい、味といい間違っちゃいないんだよね。

CMの方は『サンダガァァァァァァァァァッ!!』らしいんだがまだ見たことない。
正直サンダガ喰らったら、ポーション一個じゃ回復間に合わないんだが。(笑)
そう、そこで薬師のアビリティ『!ちょうごう』の登場!

▼アイテムをちょうごうした!

▼ポーション+ポーション=ポーション

▼ポーションができました。

あれ?
…ハイポーションにはなりませんのであしからず。
蛇足だけど、他にも『!ちょうごう』をやってみた。

▼アイテムを調合した。

▼ポーション+ただの炭酸水=オロナミンCのようなもの(薄)(青)

orz

▼アイテムを調合した。

▼ポーション+ライフガード=しょうたいふめい

o......rz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

ぜってーぼったくりだって…

RUBY SAPPHIRE EMERALD

上は左からルビー、サファイア、エメラルド。
大きさは…、えーっと、めっちゃ小さい。

前回のペンダント(ネックレスとペンダントの違いがわからん…)を
取りにいった大型店のゲームコーナーへ再び。
行かないって決めたのに…。
頼まれた以上は取りに行かなければならないちょっとした強迫観念。

…で、取ってきた数が合計5個。
一回200円*45回…。悲惨だな。
各種技を使って持ち上げることが出来ても、
持ち上がってからクレーンが移動を始めると落としてしまうというガタガタ設定。
どうりで一週間以上経っても景品の数が減っていないわけだ。
景品を何度も転がしてようやく5個取得した時には9000円も使ってしまっていたと…。
こんなじゃフツーの人は諦めるって。
アームガタガタ+クレーンの急加速で景品振り落としなんて
設定のクレーンゲームなんて目的がある人以外はぜってーやんねーよ。
オレも目的は達成したからもう2度とやんねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »