« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

やっぱぼったくりだよ…

近くの大型店にあるゲームコーナーなのだが、1回200円なのに設定極悪な店がある。
子供とかも遊びに来る場所なんだからあまり極悪設定にしなくてもいいのに。
まあ、景品がホンモノの宝石付きのネックレスだったり、巨大電卓だったり、
そこそこ高価な景品が入ってたりするのだが。

あと、別のゲーセンでいつもの14LEDをまた頼まれて一個取りに行く。
しかし、これも設定が絶妙で正攻法ではまず取れない。
正攻法だとこうなる。

「ufocatcher.wmv」をダウンロード
動画ファイルです。たぶん235KBくらい。

結局、いつもの『技』で一個取って終了。
正攻法で取れないってのも正直どうかと思うけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

サンデー毎日の記事について

だいぶ出遅れてしまったが、先週発売の『サンデー毎日』にゲーム脳関連の記事があった。

http://www.zasshi.com/ZASSHI_SOKUHOU/data/sundaymainichi.html
ゲームで脳が壊れる説に学会はブーイング
岡田尊司著「脳内汚染」、作家・川端裕人
ゲーム脳/脳波を知らない素人が批判しているだけだ
森昭雄・日大教授/精神科医・斎藤環

ベストセラー「脳内汚染」で注目されるゲームで脳が壊れる説に学会はブーイング

○報道記者出身の作家、川端裕人氏へのインタビューから引用。
「精神科医の斉藤環さんや日大教授の小笠原喜康さん(学力論)らがすでに、
指摘していいます。消滅してもおかしくない珍説なのです」
「ところがやっかいなことに、実際には『ゲーム脳』という
あやふやな『科学』が学校現場にしっかり入り込んでいるようです。
”ゲーム脳追放”のカリキュラムが組まれたり、講演会、
イベントが教育委員会の後押しで開かれたこともあるほどです」
「全く確立していない『未』科学な議論を、
あたかも科学的なものとして紹介することは、
理科教育、科学教育としては、まずいんじゃないでしょうか」

○日本の神経科学の権威、
久保田競名誉教授氏(大脳生理学)へのインタビューから一部引用。
「森さんは僕の論文を引用して『ゲーム脳の恐怖』を書いているんですよ。
でも適切に引用できていないんです。僕の編集した本も引用できていませんね。
引用のし方がわかっていないのでしょう。
彼自身、脳の論文が二つくらいあるようでが、これまた十分ではありませんね」
この他、森氏は自作の脳波計の精度を脳波関係学会で発表するべき”、
”まともな研究者からは相手にされていない”と批判。いましたが分割で載せます。

○京都大学大学院教授櫻井芳雄氏(神経科学)へのインタビューから一部引用。
「大事なのは、一緒に変化している事柄でも、
二つの間に因果関係があるかどうかは全く別問題だということです」
「一見、説得力があるけど、全然関係がないんです」
「一緒に変わったからコレとコレは関係するなんていうのは、
サイエンスをやっている人間は絶対にやらない。基礎中の基礎です。
因果関係というのは、どちらかを減らしたら一方も減る。
一方を増やしたら一方も増えるという関係が常に成り立つ時に言えるのです」
「(森氏の)所属学会がNeuroscince(米国)とはアバウトですね。
こういう学会はありませんよ。日本神経科学学会にも所属していらっしゃいますが、
論文を聞いたことがありませんね」

○「脳内汚染」著者岡田尊司氏へのインタビューか一部ら引用。
「因果関係はハッキリしています。実際には全て統計検定をかけています。
学術書ならこういう形で検定したと一つ一つ書く。
だけどそんなの書いていたら一般書では読みにくくてしょうがない。
この本が学術書として書かれたなら、かなり甘い書き方になっているかもしれないが、
あくまでも一般書ですから」
「子供たちの脳がおかしくなってる危機感が現場にはあるんです」
「(批判に対して)海外の科学誌に投稿する予定です。
なかなか時間がとれませんが、今準備の段階です」

○「ゲーム脳の恐怖」著者森昭雄氏へのインタビューから一部引用。
「斉藤環さんというゲームマニアみたいな人が、僕の批判を書いている。
悪いけどあの人は脳波を知らない。素人です。
生理学の知識の無いかわいそうな人なんですよ。
僕は医学部でも実習で教えましたからね。
彼よりはまあ10倍くらいは知識がありますよ(笑)。対談してもかまわない。
恥ずかしくて彼はものが言えないと思いますよ。
(ゲーム脳)反対論者は「何で脳科学者は森批判をしないのか」と言いますが、
できるわけがありません」
「近く、ゲーム脳に関する大きな講演会を開きます。期待してください」


この他、斉藤環氏の著作『心理化する社会』からの抜粋で、
まずは国際基準に準拠した形での計測を行い、
その上で森氏の”発明”『ブレインモニタ』の信頼性を検証する必要があると記載。
日本神経科学学会会長、大阪大名誉教授津本忠治氏へのインタビューにて、
「こういったトンデモ本は神経学に対する信頼を損なうことになる。
今までは放置の姿勢だったが、これからは間違いを正すべく努力したい」と表明。

森教授の斉藤氏批判が笑える。
間違いを的確に批判されたからって人格批判とかしている辺り
2chのレベルの低い煽りとまったく変わらない。
森教授の言う大きな講演会と言うのはおそらく世田谷区の講演会のことだろう。
これに関してはこちらのお方がカウンターを既に出しており回答の方も着ているようだ。
世田谷の講演会に関してはこの人に任せる他ないようだ。
しかし、ようやく日本精神学学会が動き出すか…。
事実を広めるにはやはりその道の専門家の言葉が一番だろう。
3月にはこれに関連するシンポジウムも開かれる。
ゲーム脳もそろそろ終わりが近い…?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月17日 (金)

ラクガキ王国2~その2~

先週から作り始めたキャラを以前アップしたけど、
いくつか納得のいかない部分があったので少しずつ修正を加えて
今日になってやっと納得のいく出来になった。

elephina2-1

主な修正部分は剣の青い刀身部分、腕、脚。

実は腕部分がとんでもないことになっていたので
今回はその修正が中心。

elephina2

腕の関節がひとつ多い…。(汗)
あと、剣が浮いてたバグも修正。

こういうのは一度やりだすとこだわりが止まらないから面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

ラクガキ王国2

何を思ったのか再びPS2のラクガキ王国2を引っ張り出したのが金曜20時。
キャラ作り始めてから完成したのが土曜23時過ぎ。
久々に熱くなりすぎたぜ…。orz

いや、こういうのって一度やりだすと止まんないもので…。
自分で作ったキャラがゲームの中で動き回るのは結構感動するよ。
手間暇かけて作る分愛着も湧くし。
…で、出来たのがコレ。

KINMO

……?
…あれ!?間違えた!
ホンモノはこっち↓。

ELEPHINA

いろいろこだわったらスゲー愛着湧いた。
現在2週目プレイ中だけど、このキャラをメインで使ってる。
剣のデザインにばかりこだわってたら容量不足になってしまい、
泣く泣く現在の形に。
もうちょっとゴテゴテしてたんだけど、削ったらすっきりしてむしろ良かったかも。

それにしても、キャプチャーカードは便利だわ。
もうデジカメ持ってテレビの前で何枚もガシャガシャ撮らんでもいいんだ。
便利!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

またゲーセンへ

またゲルマニウムブレスレットを取ってこいと言われゲーセンへ。
今度は2個。
前回みたいに乱獲はしなくていいからラクって言えばラク。

2個取得するのに100*6で計600円。
まあ、上々?
そのあとちょっとふざけてコンビニキャッチャーDXをプレイ、
ツバサクロニクルのフィギュアを100円で取る。
いや、なんか右端にいっぱい積んであったから、いけるかな?と思い
アームを右端に持っていったらなんと届いた!
一発ゲットの余韻はフィギュアを見て吹き飛ぶ。

…泥人形じゃん……。

なんでこう、CCさくらといい、これといい、NHKのアニメモノは造型が悲惨なんだ。
即刻売却を決意。

あと、よく分からないフィギュアと卓上ミニLEDをゲット。
フィギュアの方はまあまあ良しだけど、LEDの方が壊れてた。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

雑記acte.14

ゲーセンでLEDライトを取りにいくついでにいつものショップに寄ったら
なんか新しいガチャが出てた。

HAZUMU

テレ東水曜深夜25:30から放送している『かしまし』のヒロイン(?)の大佛はずむ。
…っつーか、本編見てない人には『(?)』は、さっぱりかも…。
オレもアニメから入ったクチなんで詳しいことはさっぱり。
一応全キャラコンプしたけど、組み立てたのはこれだけ。
組み立てる際、あっちこっちに塗装汚れがあったり成型色である肌色の部分に
ゴミが入っていたり結構酷かったぞ、コレ。
太腿の表面部分0.1㎜のところにゴミが埋まっていて目立つのは
このテのフィギュアとしては致命的だと思う。
消しペンやデザインナイフでちまちま削ってなんとかキレイにはなったけど。

REI2

今回ゲーセンで取ったフィギュアはこっち。
去年に出たものだけど、処分のためなのか非常に取りやすくなっていた。
あれ?オレ、エヴァろくに見てなったのになんでフィギュアばっかり集めているんだ?

そういえば、木曜にテレ東で放送したTVチャンピオンのクレーンゲーム王選手権、
やったことある人ならちょっと見れば分かると思うけど、設定が激甘だった。
日常的にクレーンゲームやってる人の実況では
『ありえねー』『なにこの超握力』とか突っ込まれまくってた。
…で、あの番組見た人は、間違っても『自分でも取れるかも…』なんて思わないように。
あんなに取れたら間違いなく店潰れるから。

あ、あと表現規制がらみニュースと、事件について。

青少年育成広島県民会議(上田宗冏会長)は二日、
青少年の育成上、「特に好ましくない」としてテレビ番組七つを挙げ、
放送自粛を求める要請文を民放テレビ局と
番組スポンサーに送ると記者会見で明らかにした。

県民会議は昨年六月、広島など県内四市で小中高生や
保護者らにアンケートし千三十六人分を回収。
ほぼ同時期に、母親でつくる市民団体が午後六~十一時の全番組を視聴。
双方の結果を「総合判断」して選んだ。

七番組は、ロンドンハーツ、クレヨンしんちゃん、土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
▽水10!、めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)
▽キスだけじゃイヤッ!(日本テレビ)▽爆笑問題のバク天!(TBS)。

要請文は、言葉遣いや描写、他人を中傷するような言動が
子どもたちに与える影響を否定できないなどと指摘。
「放送を控える見識と姿勢を持ってほしい」としている。
東京都内の民放キー五局と県内の民放四局、
番組スポンサー六十八社への郵送を同日から始めた。

県民会議は、PTAや青年会議所など約九百六十の団体・個人で構成。
事務局は県青少年室に置き、県は本年度、
事業費の約六割の約二千五百万円を補助している。

要請文の送付は、全国の都道府県民会議で初めて。
「放送を規制する動きは好ましくない」との意見も出た。
最も多い三番組が対象とされたテレビ朝日広報部は
「要請文が届き、内容を見てから対応を検討したい」としている。

ソース
中国新聞
 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200602030003.html

なんかすっかり『青少年』が錦の御旗になってるな。
ところで、こういう市民団体は70~90年代中盤辺りまでに
彼らのいう『過激な番組』を観ていた20~30代が健全に育った事に関しては
どう説明するつもりなんだろう?
親の責任をこうも転嫁しまくっている姿を見ている方がかえって有害な気がするんだが。
…っつーか、観せたくないならテレビ消せ。捨てろ。
その結果は親が身を持って知るべし。

続いて事件。

ゲームで腕磨き公道で100キロ…中3暴走6人けが (読売新聞)
松山市で昨年12月、同市立中学3年の男子生徒(15)が、
市内の市道などで約3時間にわたって断続的に車を運転し、
幅がわずか5メートルの道を時速約100キロ以上で走行したり、
急発進・急減速を繰り返したりしたあげく、ひき逃げ事故を起こし、
松山東署に業務上過失傷害、道交法違反(ひき逃げ、無免許)容疑で
逮捕されていたことがわかった。
ゲームセンターのレースゲームで運転技術を磨いたという男子生徒は
「本物の車に乗り、スリルを味わいたかった」と供述している。
調べでは、男子生徒は昨年12月10日午前0時ごろ、
盗んだ乗用車に仲間の少年少女5人を乗せて、松山市南西部の
住宅街の市道などを暴走。
赤点滅の信号を無視して交差点に進入、タクシーとぶつかり、
タクシー運転手の男性(51)ら6人に重軽傷を負わせた疑い。
男子生徒は2日後に逮捕された。
調べに対し、男子生徒は、週末には親や先輩の車を借りて公園や港の岸壁で運転し、
「運転技術には自信があり、公道でスピードを出してみたかった」と話しているという。
捜査員は「幅約5メートルの細い道で100キロも出すなんて信じられない。
ゲームの影響かもしれない」とあきれている。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/road_traffic_law.html?d=03yomiuri20060203i108&cat=35&typ=t

あきれたのはこっちの台詞だ。
どう見てもただのDQN(不良の意)じゃないか。
太字にした部分を読めば分かると思うが、どうみても親からして問題あり。
ゲーム以前の問題だろコレ。
オレはこのDQNやその親、さらには捜査員のアホっぷりにも心底呆れたよ。

地元ラジオでこのニュースの事やってるが、
他に車やバイク17台の窃盗の余罪もあるのね・・
深夜に車やバイクで暴走するために盗んだと地元では報道してるぞ。
ゲームの事については触れていない。

余罪もいっぱいあるんだよね。
普通に考えれば何が本当におかしかったかすぐに分かるはず。
それをなんでもかんでも『ゲーム、ゲーム脳』せいだと言っているやつの方が
『思考停止状態=ゲーム脳』(※)なんじゃないかってつくづく思えてくる。
※(これは通称『ゲーム脳』脳【げーむのうのう】と呼ばれ、何でもゲームに責任転嫁し
根本原因について考えが及ばない人間の蔑称として使われている)

数分後追記(21:02~):
うっかり送信しちまったい。
まだネタはあった。

給料が入ったので地元のレンタルビデオショップにDVDを買いに行ってきた。
かなり前にオレが『今期(10~12月期)最高のOPのアニメ』
…とか言ってた『魔法少女リリカルなのはA's』のDVD一巻。
タイトルやキャラに反して手持ちの武器で物理攻撃しかけたり
大火力の魔法をガンガン撃ちまくったり、どっちかっていうと少年漫画系。
…で、そのOPがあまりにも秀逸だったから勢いで携帯電話に放り込んだ。(!?)

P1020757
↑V603SHに放り込んだなのはA'sのOPの一部
(画像は敵のシグナムさん。なお、画像はハメコミ合成ではありません)

すっかりビデオプレイヤーとして定着してしまったオレの携帯。
SDカードの容量が181/256MBなんて状態になってるし…。
エルフェンリートの最終話に至っては25分フルに入って約40MBの容量。
ゲームやネットにも繋ぐから、結構電池消耗も激しい。
ほぼ1日に1回は充電している。
最近、電池の減り方が少し早くなってきたが、
ここまでやったら今さらminiSDに切り替わったV604SHになんて機種変更できないって。
まだ当分はこの携帯との付き合いは続くだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

そういや忘れてた

発売直後から各所で売り切れが相次ぎ、入手困難になっていたフィギュア
『ルーシー・マリア・ミソラ』が再販するってさ。
価格は3,990円、4月以降再販とのこと。
オレも予約していたからこそ買うことが出来たけど、
某模型掲示板の方では、店頭在庫を求めて歩いた人たちの戦果報告が悲惨だった。
今度の再販で行き渡るといいけど…。

あ、もし興味がある人いたら通販サイトを探してみるといいかも。
たぶんどこも再販分の予約取ってるはずだから。

ちなみにオイラはここで買ってます。→1999ホビーサーチ
フィギュアに限らず鉄道模型やラジコンも扱っているので
興味がある人はのぞいてみるのもいいかもですよ!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゲルマニウムブレスレットって…

あんまりにもストレスが溜まりすぎていよいよやばくなったので
強制的に解消させるために予定には無かったけどゲーセンに。
自分流のストレス解消法を知っておくのも重要だね。
…ってことで、今回取ってきたのはタイトル通り『ゲルマニウムブレスレット』。

germanium

5個…。

ごめんやりすぎた。
筐体に入っているブレスレットを片っ端から取ってきた。
2,000円でこれ以外にも取ったので、コレ一個辺り400円以下の計算。
…つーか、これホンモノ?

一応効果の方は32℃以上で微弱電流が発生し、
体調を整え、肩凝りなどを解消するらしいが…。
このところずっと体調も不安定だからこんなものでもすがってみたいわけで…。
効果のあるなしはともかくしばらく身につけていようと思う。

そういえばオレ、低体温なんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »