« 雑記acte.13 | トップページ | また読売かよ! »

2006年1月17日 (火)

ウソと捏造の読売新聞宮崎勤特集

まず、今日の記事はちょっと文体がヘンだと思う。
精神的に限界に追い詰められていてまともなことが書けなくなっている。
…っていうか、休みの日は殆んど寝たきりだったり、
これ書いている今だって胃がキリキリ痛む。
なんで事件と無関係の人間がこんな目にばかりあわなきゃいけないんだ…。
それでも、記事だけは書いておかないと…。

本日17日、宮崎勤被告による連続幼女誘拐殺害事件の最高裁判決が言い渡される。
これに際して、連日マスコミ各社は特集を組んで報道を続けた。
捏造印象操作やりたい放題の昔とまったく同じ方法で。
前回の記事で書いた読売ウイークリーの木村デスクの書いたあの記事に
書いてあるとおり、宮崎勤に関する報道でヲタ絡み、サブカル叩きに関する
報道は全てマスコミの捏造・印象操作だ。
…にもかかわらず、読売新聞朝刊の宮崎関連の特集は酷いものだった。
明確にオタクを犯罪者予備軍とし、関連メディアの規制を煽る内容だった。
もはや、読売ウイークリーのデスクの明かした真相なんて無かった事になっている。
いや、無かったことにしたかったのか?
あちこちで読売が『ゴミウリ』と呼ばれる所以を如何なく発揮している。

ところで、その読売系列の日テレのヤラセが発覚した。

★架空の顧客で売買映像 日テレニュースでやらせ

 日本テレビは16日、昨年夏放送の「ニュースプラス1」などで、個人情報の
名簿を売買する映像に、架空の顧客を登場させるやらせがあったことを明らか
にした。

 日本テレビはやらせ映像を企画・取材した外部の制作会社との取引を中止。
16日放送の同番組などで謝罪するとともに、社内の処分も検討している。

 問題があったのは、昨年7月6日と9月19日に同番組などで放送された名簿を
売買するシーン。個人情報の売り買いを映像化するため、制作会社スタッフは
3カ月間張り込み取材を続けた。しかし個人情報を購入する顧客が現れなかった
ため、スタッフの知人を顧客に仕立てて収録した。名簿を売る「名簿屋」は実在
しているという。

 業界関係者からの告発で、問題が発覚した。

 日本テレビ総合広報部は「視聴者の信頼を裏切る結果となり、深くおわびします。
社内のチェック体制を強化して、再発防止に努める」としている。

元ニュース=http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060116/20060116a4710.html

下請けの制作会社に丸投げした挙句これかい。
実は日テレ、これが初めてではない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%82%89%E3%81%9B
Wikipediaより「やらせ」

「ニュースプラス1」(2003年11月5日放送)にて、「究極の美味! 幻のイセエビを探せ」
という企画を放送。スタッフが魚屋で購入した伊勢エビを地元漁師の網にかかったと
いうことにして放送した。

「ニュースプラス1」(2003年11月27日放送)にて、「恐怖! 洗濯機が爆発」という企画を
放送。防水性の衣類により爆発が起こる事を検証した際に爆発しやすい条件
(袖口を縛る)を予め整えておきながら告知せず、消費者センター職員のコメントを
放送しなかった。

「ニュースプラス1」(2004年3月1日放送)にて、「銀座・新橋・汐留のOL・サラリーマン
が選ぶ店ベスト10」という企画を放送。投票数を偽造し、制作会社の意に沿うアンケート
結果を得るために同社従業員がこれを書いていた

常習ともいえるこの内容。
視聴率操作のときといい、何度同じ謝罪してるんだ?
これだけやってて放送免許剥奪とかないんだから対応が甘すぎる。
そういえば、オタクやニート特集の時は劇団員使ってたり、
車の通りが多く、反対車線にいるはずの人間の会話がやたら良く聞こえたり、
エアガン特集の時はなぜかゴム鉄砲持ってるじいさんとか不可解な特集が多い。
なんか読売系列、捏造が酷すぎるんでないか?

|

« 雑記acte.13 | トップページ | また読売かよ! »

コメント

実は其の殆どがアニメとは関係の無い民放で放送されたドラマや
バラエティだったとはいえ、被告の部屋に300本を越える
大量のビデオテープが存在した事は動かしようの無い事実。

メディアが恐れたのは『宮崎勉』というフィルターを通して、
視聴者の大半に心当たりそうなテレビオタクが非難の対象となる事。
そこでテレビオタクではなく、アニメオタクへと印象操作。

投稿: | 2007年7月17日 (火) 12時44分

当時のマスコミに何の意図があって
アニメやオタクをスケープゴートの対象にしたのかは不明ですが、
当時、宮崎勤とテレビ番組やアニメのコレクターとのトレードのようなものがあったそうです。
恐らくそこから結びつけたのでしょう。

投稿: CRS-024 | 2007年7月23日 (月) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138623/8198931

この記事へのトラックバック一覧です: ウソと捏造の読売新聞宮崎勤特集:

« 雑記acte.13 | トップページ | また読売かよ! »