« 報道いろいろ | トップページ | 規制問題雑記 »

2005年12月20日 (火)

卵が先か鶏が先か

書くことが多すぎて追いつけない…。
しかもその全部がオレを鬱にするものだし…。
おかげで偏頭痛に加えて胃がキリキリしてきた。
いよいよやばくなってきたかもしれないけど、それでも頑張らないと…。
…で、NHKがまたやらかした。

TVゲーム長いほど暴力肯定

テレビゲームを長時間する中学生は将来に不安を感じ、暴力を肯定する傾向が強いことが
専門家が行った調査でわかりました。この調査は、女子少年院で法務教官を
務めていた魚住絹代さんが東京と大阪、長崎の中学生2000人余りを対象に行ったものです。
12/18 16:52
ttp://www3.nhk.or.jp/news/2005/12/18/k20051218000090.html

それによりますと、1日にテレビゲームをする時間は、
▽1時間以内が42%、
▽およそ2時間が14%、
▽およそ3時間が5%、
▽4時間以上が4%で、
▽まったくしないと答えた生徒は35%でした。
この結果を基に、生徒たちの意識を探ったところ、
「将来に希望より不安を感じる」と答えた生徒はテレビゲームをする時間が
1時間以内では10%でしたが、およそ3時間では21%、
4時間以上では27%に増えました。
ttp://www3.nhk.or.jp/news/2005/12/18/d20051218000090.html
また、小さな動物をいじめたり傷つけたりした経験のある生徒は1時間以内は4%でしたが、
4時間以上では15%。暴力シーンに「とてもわくわくする」と答えた生徒の割合も
ゲームをする時間が増えるに従って多くなりました。さらに、けんかをした時には
ゲームをしない生徒の大半が「話し合う」か「人に相談する」を選びましたが、
4時間以上の場合には多くの生徒が「我慢する」か「相手をやっつける」を選んでいました。
調査にあたった魚住さんは「子どもの心は、人とのつながりや実体験によって育つものだが、
ゲームによってそれが侵害されていることがうかがえる。暴力や攻撃性など、
相次ぐ凶悪事件との関連もみられ、子どもの心の発育のためにどうすべきか、
大人や社会が考えていく必要がある」と話しています。

具体的にまとめると、

            将来に不安  虐待経験
0時間   700人  ?人(?%)  ?人(?%)   
1時間   840人  84人(10%)  34人(4%)
2時間   280人  ?%(?人)  ?人(?%)
3時間   100人  21人(21%)  ?人(?%)
4時間    80人  22人(27%)  12人(15%)

…という結果になるが、ここで問題になるのは、
ゲームを多くプレイすることと、将来に不安を持つこととどう関係があるかということだ。
具体的に言えば、勉強をせずにゲームに没頭するということだが、
4時間以上って、それはゲームではなく家庭の躾のレベルの問題じゃないのか?
?の部分が多すぎ、統計としてはあまりに稚拙。
特に0時間の部分のに関してまったく触れていない。
また、喧嘩をした際の対応の結果もおかしい。
まず「我慢する」と「相手をやっつける」では間逆の考えであること。
それにもかかわらず、この統計の上では同列に扱っている。
また、ゲームをしない大半が「話し合う」「人に相談する」
…という項目を選んだとなっているが、考えがお花畑か?
世の中、往々にして話し合いや相談では問題は殆んど解決しない。
あえて『我を殺す』ことでストレス溜まりこそ我慢する方を選んだゲームを多くプレイしている
生徒の方がある意味現実を見ているともいえるのだが…?
暴力シーンに「わくわくする」と答えた生徒が現実に犯罪を起こしていないことにも注目。
だって、犯罪犯したらこの統計に参加できないじゃん。
他にも疑問がある。
何故東京、大阪と来て長崎なのか?
長崎はカトリック系信者が多く、過去の統計では
『人は死んでも生き返る』という考えが子供に意外と多かったという話がある。

> ゲームの中では殺し合いが平気で行われ、死んでもすぐに生き返る。

この話題でよく引き合いにされる長崎県教育委員会調査より。
ttp://www.pref.nagasaki.jp/edu/kenzen/kokoro/kokoro_sido.pdf

> 「死んだ人が生き返る」と答えた児童生徒の理由
> 1. テレビや映画等で生き返るところを見たことがあるから
> 2. 生き返る話を聞いたことがあるから (テレビ等を見て・本を読んで・
> 人の話を聞いて)
> 3. ゲームでリセットできるから
> 4. その他

総合して一番多かった理由は、ほぼ半数で(2)だった。

あるカトリック系信者の方によれば、
キリスト教に輪廻転生の概念はないが、
クリスチャンならば、イエスがラザロを生き返らせた話や、
イエス自身が処刑されて3日後に生き返った話を信じている。
キリスト教は最後の審判の後に体が復活する事や、
永遠の命を信じる信仰なので、このような結果になるのは自然のこと…とか。
宗教的色合いの強いところでは前出の輪廻転生や
長崎のように『生き返る話』が現に存在するので
『残虐ゲームプレイ』→『リセット感覚で人を殺す』という妄言は破綻する。

最近NHKの報道もどこかおかしく感じる。
テレビが出す統計は統計を行なう側の考えが色濃く出る。
始めから結論ありきのアンケートでは、このような結果が出るもの当然。
しかも、結論を急ぐあまり統計としては穴だらけの稚拙なものになっている。
よく、規制反対派は『統計は?データは?』と聞くが、
こんなツッコミ所満載な統計を出されても納得するはずがない。

|

« 報道いろいろ | トップページ | 規制問題雑記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138623/7706880

この記事へのトラックバック一覧です: 卵が先か鶏が先か:

« 報道いろいろ | トップページ | 規制問題雑記 »