« 雑記acte.11 | トップページ | 小6女児刺殺・京都 »

2005年12月10日 (土)

またやっちゃったね、文春

以前、広島の事件でダンボールのふたを止めていたテープの形は
何かの何号ではないかという、憶測が出ていた。
止めてあったテープの形はXとI。
文春は粘着テープの止め方が某週刊誌連載の漫画の影響と
主張し、猟奇的で悪質とその漫画を叩きまくっていた。
まあ、結局は日本語理解度20%(自称)の外国人だったわけだが。
文春、週刊誌出版している出版社に謝罪くらいしとけよ。

そして、今週号では
『幼児レイプ本がバカ売れする最新「ロリコン事情」 性犯罪者にGPSを装着せよ!』
…とか煽った記事を書いている。
今回の記事は栃木の事件のことを受けて書いているのだろうけど…。
しかし同日、警察は性犯罪目的ではなく、猟奇目的の犯行という見方を強めた。
またアテが外れた文春。
文中では満遍なくウソを書いているし。
とりあえず、読んだ人の感想を抜粋。オレは買う気ナシ。

たった一軒のアダルト書店で『スーツ姿の会社員らしき男も、
幼女物を好んで買い、売り上げの上位を占めている』だって。

童顔児童体型のAV女優のビデオや、少女モデル撮影会などで、
水着姿まで児童ポルノを回避していると。二次元についても、
『法の網をかいくぐる』脱法扱いで、PCの『幼児ゲーム』や、
先に書いた園(rの編集後記を文中に出しているわ、写真も、
一番上の雑誌の表紙には下半身部分にモザイクをかけており、
エロゲ含めて4つ出していた。

以前の記事みたいに『エロゲのほとんどはロリコン物』とは、
書かずも、『”鬼畜コミック”の存在を許してはならない』、
との締めで販売・製造禁止を要求している。

しかも「何で取り締まらなくちゃいけないのか」理由も明確に書いていない。
二次と三次を、それも盗撮なんかとごっちゃにして書いた挙句、
「撮影程度で済めばよいが、行為はエスカレートしがちなものだ」って書いてる。
撮影だって盗撮じゃ、十分問題ですが…それに「エスカレートしがち」というのも
記者の主観だけで根拠不明。

まんべんなく嘘だらけだが、言外にひとつだけ本当のことを書いてる。

かつてロリコン天国だったというのも捏造だが、
日本ではもともと合法な児童ポルノなんかなかったわけで、
児童ポルノ禁止法で壊滅したのは少女ヌード写真集というくだり。
児童ポルノの天国だったなら児童ポルノが壊滅しなきゃおかしいんだが。

どうせ捏造だらけなのに変なポイントだけ箇所に妙に正確。

しっかり去年の記事の二番煎じだったようだ。
まがりなりにも商業誌なんだからちゃんとした記事書けよ…とも思うのだが。
漫画叩きの結果、文春は売上げ落としたそうだ。

|

« 雑記acte.11 | トップページ | 小6女児刺殺・京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138623/7550158

この記事へのトラックバック一覧です: またやっちゃったね、文春:

« 雑記acte.11 | トップページ | 小6女児刺殺・京都 »