« アダプタ | トップページ | あの事件から… »

2005年11月15日 (火)

町田の事件から繋がるネット叩き

メドイので某所からのコピペ。

テレ朝  TBS  5時37分

みのがパネルを使い、少年犯罪は全体では減少だが、殺人だと
増えてると強く説明

木元教子
「そこ(殺人の増加)が怖いんですよね、私の仲間では、ゲームから
学んでるからねって言う人がいるのよ。
自分の邪魔になる者は、抹殺すれば、ちゃらになる、それで終わっちゃう
だけど、その先どうなるか、人として考えなきゃならない部分を欠落していて
単に目先、こいつ居なくなればいいとかね、なんかウザったいとかね
そんな事で、事を起してるってのが目立たない?」

テレ朝  6時5分

福岡政行
(ここ最近の未成年の事件を総括するように)
16歳の子供たちの心の闇
ネット・ブログをやってる子供たちの心が冷え切ってる
子供たちのネットの書き込みを監視すべき
子供部屋を禁止すべき

テレ朝 7時35分

福岡政行の発言
「この一連の1ヶ月の高校生の事件を見ながらね やっぱり色んな角度から
専門化がね やっぱ何か考えないと ブログを見る あるいは、お母さん達は
必ず子供の部屋を掃除すればね ちょっと異様な物がね あのー静岡の女子
高校生の、あるわけですよね 捜査員に対して「おめーっ」って言ったりね
「あたしはヘビが好きなの」っていう、こういうコメントを女子高校生は、してる
わけですよね そうなると、どっかで気付くんじゃないかという気がするん
ですけどね」

テレ朝  8時13分

知人の証言で「見た目、ゲームが好きそうなタイプ」キタ━

日テレ   8時24分

少年の頭の中の妄想をわざわざ「ヴァーチャル」と言ってみる
衆議院議員の江田けんじ氏ですよ。

遠まわしに、ネット世代とか言いたげ・・・。

テレ朝  8時34分

特集の最後を〆るように鳥越が
「少年は、コンピューターが得意で・・」
と強引にねじ込んで終わった。

つか、後半になるにつれ、結局 原因をネットの方に
持っていきやがった。
専門家含めゲスト総動員で。

特4時58分
朝に続いて夕方にも

少年が以前は、普通の明るい子だったという証言に続いて

  「中学校時代に突然変わった評判」←テロップ
学校の友人「(少年は)引きこもりでオタクみたいな感じでした
目立ってるとこはなく、家に引きこもってる感じでした」

続いて、父親の死から、少年の様子が変わり、奇妙な行動が
増え、目撃されて、普通の子から近所でも有名な変わった子
になったと報じる。

筑紫哲也、「仮想人間」と題し、町田事件、毒殺未遂事件を、
バーチャルリアリティーの影響で、犯行に現実感を感じなくなったと論評。

相変わらずの規制誘導論を絶賛展開中。
特に福岡政行の発言って、はっきり言って危険思想そのものなんだが…。
この福岡の世代(1940~生)が10代後半だったころの犯罪発生率なんて今の比ではない。
自分たち世代を棚に上げて、よくもまぁ『今の若者は危険だ』なんて言えるよな。

ちなみにほぼ似たような内容でも老人が起した事件は華麗にスルー。
扱っても異様に小さい。
面白みがないから扱わないってどうよ?

念のため、異常犯罪のデータをリンクしておく。
別に今に始まったわけでもないのにさも少年犯罪の増加凶悪化なんてウソを
平気で垂れ流すマスコミ。
そして、反論は殆んど放送しないマスコミ。←(放送法に違反の可能性あり)
こんな今のマスメディアをあなたは信用できますか?

最後に、こんな名言を見つけた。

これ(筑紫哲也の論評参照)ってさ、その犯罪者をリアルに受け止められない
大人の側が感じてる「感覚」を言ってるのでは、ないのか?

と思ったよ、俺は (見逃したけど)

要は、老人が今の若者を「リアルに感じ取れない」から
「奴らは、ヴァーチャル人間だ」と、苦しい言い訳・都合のいい
言い逃れをしてるのだと思います。

自分の暴力だけは、都合よく「脳内で正当化できる団塊の世代」
と全く同じですね、こりゃw

若者同士は、同じ道具・言語を使い、しっかり現実感を共有し
感じあってると、自分は思いますけどね・・。

じゃないと、メールで気持ちを伝え合って結ばれるカップルとか
存在し得ないですから。

(交換日記とかならヴァーチャルとか言わないのだろうか?www)

|

« アダプタ | トップページ | あの事件から… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138623/7126011

この記事へのトラックバック一覧です: 町田の事件から繋がるネット叩き:

« アダプタ | トップページ | あの事件から… »