« 伊豆の国市にて… | トップページ | 情報箇条書き »

2005年11月 3日 (木)

ファーブル昆虫記は有害図書ですか?

伊豆の国市で起こった毒殺未遂事件、
こっちでは加害少女の名前、住所、家族構成まで広まってしまっている。
それもこれも、マスコミが少女の住所を知ろうとあっちこっちで少女の名前を出してしまったからだ。
本当なら近所の人間のみが知っていればいいはずなのに。
これは立派な報道被害に当たらないのか?
毎度のことながらマスコミの傍若無人振りには呆れ返ってしまう。

呆れ返るマスコミつながりで日テレとTBSの報道に関して。
TBSでは今回の事件に関して『ゲーム影響論』を持ち出していたらしい。
嘘つくならもう少しマシな嘘つこうね。よって論外。

日テレの情報ツウ。
…って、また日テレか!?
マジでクズだな日テレは…。
今回の報道でコメンテーターがまたまたまた…(ry 暴走してたわけで。
誰とは言わないが「親は子供の部屋に入れ」、「身分相応でない知識は、
子供に決して身に付けさせるな」
、「『ふつうの子』が危ない」
「(犯罪助長するだろう)マークすべき映画とか本を把握しておくべき」

などなどトンデモコメントのオンパレード。
特に赤字の部分の「身分相応の~」はなめてんのか?
これって、人より先を目指して頑張っている子供や頑張って功績残した大人を否定する発言だろ。
こんなもんがまかり通ったら凡人量産によって確実に文明は停滞~衰退していくだろう。
こいつの普通の子供の定義ってまさに凡人量産思想で出来上がった子供だろうな。
そして、いつもの『○○規制論』。
少女は『ファーブルちゃん』と呼ばれるほどに昆虫好きで
子供の頃、ファーブル昆虫記とか読んでて昆虫採集とかよくやっていたそうだ。
今回もそうだが規制派の理論で行けば、
ファーブル昆虫記は有害図書指定されなければならないことになってしまう。
昆虫採集も禁止にするのか?バカバカしい。
さらに、外で実際に自然と戯れ、本をよく読み、勉強もよく出来て、性格も明るい方で
気性も大人しい方ときたもんだ。
この子はまさに現代の(○○規制派とかの)大人たちが理想とした子供だったんじゃないか?
しかし、彼女は犯罪を犯した。
大人たちの理想の塊のような子供が。

以前、ネットで読んだ話だが、『上澄みばかりの綺麗な世界では
人の心の闇はより顕在化する』という興味深い話があった。
綺麗過ぎる川には魚は住めないのと同じ意味だろう。

彼女の心の闇ってなんだったんだろう?
それとも……?

11月3日0時50分:
ニュースカテでもテレビカテでもなんか釈然としないので報道関連ってカテゴリ作ってみた。

|

« 伊豆の国市にて… | トップページ | 情報箇条書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138623/6865982

この記事へのトラックバック一覧です: ファーブル昆虫記は有害図書ですか?:

« 伊豆の国市にて… | トップページ | 情報箇条書き »