トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

エアガン報道に関して

ここ数日、エアガンがらみの報道が酷い。
マスコミってのはロクに調べもせずに、公共の電波でウソを垂れ流すもんだから困る。

エアガンを人に向けてぶっ放したバカも供述で、
「テレビのニュースなどで報道されていて真似したくなった」…だってよ。
家電量販店で盗難事件もあった。
煽るからこうなる。
JR尼崎線の事故の後、さんざん煽って置石が多発したことに対する教訓は
彼等マスコミにとってはミジンコほどもないようだ。

エアガンの基礎知識:
エアガンとは正しくはエアーソフトガンと呼ばれ、18歳以上と10歳以上がある。
10歳以上は18歳以上に比べ、スプリングの力が弱く、威力が弱い。

通常、エアガンの威力はJ(ジュール)という単位で表され、
この威力が一定以上あると規制により販売できなくなる。
現在販売されているものは0.8J以下のものが販売され、それ以上は規制の対象になる。

改造に関して:
普段はカスタマイズと呼ばれ、外観やバレルなどを換装したり、
ソース供給源を安定化させたり、再塗装などのことを言う。
バルブの出力を変えたり、スプリングの強さを上げたりして、
規定値を(0.8J)を超えるものは違法になる。

しかし、純正品での改造のみでも数千~万単位の金がかかる。
ましてや、出力アップなど違法改造となると、内部パーツを金属化しなければまず威力に耐えられず
破損するので、改造はオーダーとなり、それこそ数万、場合によっては10万以上になる。
子供がホイホイ改造できるシロモノではない。

鉛弾を発射可能なものは空気銃と呼ばれ、
エアーソフトガンのカテゴリからは外れ、銃刀法の範疇になるため、許可がないと所持できない。

以上のことからして、「子供でも簡単に改造できる」、「誰にでも殺傷能力が加えられる」
「威力云々は関係なく一部でも改造したら銃刀法違反」は全部ウソ。

ちなみにTBSはいい加減な報道やった挙句に抗議を受けて謝罪している。
フジの安藤アナは「おもちゃ売場でエアガンを売る事自体に違和感がある」などと、
自ら(マスコミ)の報道姿勢で起こった事件すらエアガンという道具に責任転嫁している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本屋⇒ゲーセン直行

fig_set

手前2体は本屋で、奥の3体はゲーセンで。
奥、左から木之本桜、綾波レイ、大道寺知世、
手前、左からリシアンサス、ネリネ。

ここ最近すっかりシャッフルにはまってるなぁ自分。
原画に比べて形成色の肌色が若干濃かったり、汚れがあったりしたけど、
汚れに関しては消しペン(Gマーカー)で消したので出来そのものは良好。

奥のCCさくら2体はなんか出来が泥人形で、帰って来て中身見てorzになったり…。
そういや、数日後荷物で届くのもこの2体なんだよなぁ…。←取って来る意味あったのか自分

綾波に関しては、顔だけデフォルメ。
台座がCCさくらのと大きさだけ違うが、まったく同じものだったり…。
一応コンプはしたものの、実はあまり執着がないので自分は綾波のみ確保。

eva

…で、お嫁に行く3体はこっち。
本当は頼まれてこれを取りにいったんだけど、いつの間にか余計なものまで取っていた。

ちなみに綾波レイと大道寺知世に関しては1体ずつ余っていたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強制猥褻事件発生!しかし…

>三島署は28日、強制猥褻の疑いで、三島市○○、建設作業員(47)を逮捕した。
>調べによると、容疑者は今月10日午後3時半頃、同市内に住む自営業の女性(73)宅を訪れ、
>女性に抱きつき胸を触るなどした疑い。
(ソース:伊豆日日新聞 平成17年9月29日より)

家族の第一声が、爆笑。(オレ含む)
あのなぁ…。
いやまあ、犯罪である以上笑っちゃ悪いんだが…。

会社でも、同様の話が出てやはり同じ反応。
被害者からすればとんでもない話だが、
新聞で見ただけでは伝説に残る爆笑話になってしまうんだよなぁ。

しかし、午後3時半にってところがポイント。
酔ってた確率は低いわけで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

仕事終わって…

nagi 帰ってきたら、荷物が届いてター。

そうそう、確か当のゲームは何にも知らないのに出来がいいからって衝動買いしたやつ。

なにやってんだオレ…。orz

鼻がぺったんこなところは別の某フィギュアを思い出して少し不安になったりしたけど、
全体的な出来には満足。

そういえば、9月は荷物ラッシュがあるんだっけ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

しゃっほー

shuffle

うっかり5000円近くも廻してしまった…。orz

いや、ショップの方行ったら新しいの入ってるって言われて何かと思って見せてもらったら
エヴァと、コレだった。

しかし、見せてくれとまで言ってスルーするのも何なんで数回廻すつもりで始めたら
シクレにママンがいる!?

何かが吹っ飛んで鬼廻し開始。

もともと半分くらいしか入れてなかったもののベンダーの中が残り一段になるくらい廻してましたとさ。

もっとも、肝心の出来のほうは…ネリネの鼻が目立たないせいかずいぶん面長に見える…?
まあ、目のデカールが一部ずれてたこと以外はよしとしておこう…。
デフォルメ版に造型を期待するのもおかしな話だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の報道は…

また随分とエアガン絡みの報道がおかしな方向に傾いているな。

それを扱う犯人のせいではなく、道具が存在するからとか
フィギュアオタ偏向報道のときと同じスタンスで今度はミリオタ直撃か?

高速だかで銃撃事件があったばかりでピリピリしているときに
狙ったような類似報道。

…というか、改造エアガンの方は厚さ1.2㎝の木の板も撃ち抜くって…。
通常弾だったらあきらかに弾のほうが割れるんだけど…。
鉛弾なら鉛弾ってちゃんと報道しろよNHK。

今後の報道が待たれるが、偏向報道が成されたらBPOに通告だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

ここ最近…

どうにも頭痛が治まらない日々が続いている。
初めは気にならない程度だったんだけど、今日になったら結構痛い…。

寝ても全然治らないし、薬も効果なし。

おまけにいろいろあって鬱状態…。

ただの風邪だといいんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

今度は東京

>>また、過度に残虐性を強調したゲームソフトが
>>犯罪の引き金になっているとの指摘もなされております。
>>適切な措置がとる必要があると思われます。メーカーや販売店などに働きかけ、来月、
>>「テレビゲームと子どもに関する協議会」を立ち上げ、
>>業界による従来の自主規制をさらに強化するなど、実効性ある対策を検討してまいります。

まったく頭の悪い親父たちばかりで困ったものである。
そもそも、ゲームが犯罪の引き金になったことなどない。
どうせまた寝屋川と板橋の事件のことを言っているのだろうが、
寝屋川ではいじめに対する教師のいい加減な扱いが原因で、(刺された教師は無関係)
板橋では抑圧された家庭環境が原因で事件が発生している。

警察官襲撃事件の場合は、両親が精神疾患を患っており、
少年には家族を養わなければならない使命感と、将来への不安感に押しつぶされた形だ。
この事件でもやはりゲームのことが取り上げられたが、直後に家庭環境が判明したゆえ
マスコミの報道は一気にトーンダウンし、あまり騒ぎにはならなかった。

子供が犯罪を犯す理由はストレスにある。
上記のゲームの存在が指摘された3件ともその裏にはストレスが存在する。
特に、寝屋川の事件でのいじめとそれに対する教師の扱いのいい加減さは、
オレ自身同じ経験を味わっているのでそのストレスがどれ程大きなものかは想像できる。

なんか話がずれたが、根本原因を求めず、安易に規制したって犯罪はなくならない。
はっきり言って、マスコミに洗脳されすぎ。
せめて公的機関であるならば科学的根拠のひとつでも持ってきてもらいたいくらいだ。
しかし、そんな基本的なこともせず、『みんながそう言っている』の一点張りの
神奈川県知事みたいなバカ発言を東京でも行なうのだろうか?

…というか、実は有害論を証明する手段がなかったりするのだ。
まず、サンプルが少なすぎると言う点。
これは、ゲームが原因とされている犯罪が現在までに2件。
対して槍玉に挙げられたグランド・セフト・オート3(以下GTA3)の販売本数は約350,000本+α。
これが100/350,000ならともかく、2/350,000では根拠としてあまりにも弱すぎないか?
あと、規制派の唯一とも言っていいよりどころであった『ゲーム脳』の存在が否定されたこと。
大々的に公表した直後、脳科学や精神科の専門家から批判されてしまう始末。
素人が聞きかじったような知識以下で、脳科学の基礎知識を間違っていたのだ。
α波はリラックス、若しくは集中時に発生する脳波なのだが、
ゲーム脳提唱者である森教授は、これを痴呆症の脳波と同じと考えていたからだ。
ゲームプレイ中は高い集中力が要求されため、脳波がβ波からα波に変化するのだ。
日常生活ですらβ波からα波に変化する機会が多いというのに、
α波が痴呆であるというのなら、世の中全員が『ゲーム脳』であることになる。
馬鹿馬鹿しい話である。

残虐なゲームの売れ行きはある意味社会を写す鏡ではないだろうか?
抑圧された環境、将来への不安から来るストレス、
そういったものを発散させるためにこれらゲームが売れていくのだとすれば、
改善すべきは社会環境そのものなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

墓参り

父方の祖父の墓参りに行って来た。
蜘蛛の巣に何回も引っ掛かりながら…。

山の中にあるから蚊にも刺されまくった。カユヒ…。

まあ、そこまではいつものことだからいいんだけど、
問題なのはうっかり親戚の子につかまってしまったこと。

オレが絵を描く事を知っているから、オレを見かけるたびにペンと紙を持ってくる。
断れば…言わずもがな。

女の子ってのは子供のうちはみんなわがままなのか…?
それとも、単にオレが甘いだけなのか…?

結局、一時間ほどで帰ってくるはずが3時間半になってしまい、本家更新用の絵を描く時間がなくなってしまった。

それでも今描きながら日記描いているわけで…。
間に合うかな…。

追記:またフォントサイズが反映されてNeeeeeeee!HTMLで編集するしかないのか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

埼玉でも神奈川と同様の規制が…

神奈川のゲーム規制は、その根拠のなさと行政の長たる者が己の主観のみで規制するといった
一種のファシズムとしてネット各所で話題になっている。

そして今回、このファシズムに追従する形でグランド・セフト・オート3(以下GTA3)を規制したのが埼玉県知事だ。

流れ…というより、首都圏を中心とした規制の輪とやらのひとつなわけだが、
正直その浅はかさには呆れ返る。

埼玉での規制の理由も、完全に神奈川県に追従する形で、
その審査方法も神奈川の時に散々問題にされた『編集された映像の上映』であったようだ。
つまり、残虐プレイばかり編集され上映されば、何も知らない人間はこういうゲームだと思い込む。
さらにこれが『青少年のため』という大義名分を付け加えることによって反対しにくい状況を作る。
実情を何も知らなければ、これだけでも反対できなくなってしまう。

しかし、青少年に悪影響を与えると言うのなら、
全てのメディアがこれに該当するし、ゲームだけでもGTA3と同様の規制が
成されそうなゲームは他にもある。
なぜあえてGTA3なのかは完全に不明。
しかも、その根拠が主観のみで、科学的根拠も統計もなく、
反対派の意見もまったく聞いちゃいない点も問題。
自分が有害だと思ったら即規制。
ファシズムと呼ばれる所以はここにある。
(実は根拠も統計もないことそのものが強力効果論を否定する要因にもなりうる)

言うまでもないが、GTA3はそのプレイ次第では何でも出来てしまう。
NPC殺しまくるもよし、不殺と貫くもよし、ゲームの中の世界をドライブするもよし。
プレイヤーのプレイ次第。

規制ってのは最終手段で、本当ならまず先に『リテラシー教育』をすべきはずだろう。
しかし、神奈川県知事はこれを真っ向から否定した。
神奈川県知事や埼玉県知事は情報分析能力に乏しい県民が欲しいのだろうか?

たしかに上に立つ人間からすればバカほど扱いやすいものはないが、
県民やゲームユーザーをあまりにもバカにしすぎていないか?

2005/9/22:文脈が繋がらなかった部分を修正。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

続NNNドキュメント

…というわけで、実際の番組を見てみたのだが、開発者のインタビューが中心だった。

ゲームが戦争の副産物とか言っていたが、
そんなこと言ったら日常の様々なものが戦争の副産物である事実はどうすると言うのだろう?
無論のこと、このインターネットも軍事技術の一つが民間に下りてきたものだ。

まあ、一言で言うなら…
ゲームの中の戦争、あなたは人を殺せますか結論:リアルとゲームは別と割り切っている

ただ、アメリカの陸軍監修の戦争シミュレーションゲームのことも触れていたが、
やはり日本のゲームとは決定的に違う感じがした。

空気と言うか雰囲気が。

番組中のナレーション、コメントにも実際に戦地に赴く若者のために製作しているような趣旨の発言もあった。
戦場での冷静な判断力を養うと。

対して、日本で製作、発売されたゲームは戦争の虚しさがテーマと言った内容だった。

戦争を直に知らない世代が戦争を知るにはやはり自分が操作するキャラクターをいかに生き延びさせ
エンディングにたどり着くかが重要だろう。
そして、戦争の虚しさを知る…と。

ドラクエに関しても触れていた。

堀井氏のインタビューでは魔物を『殺す』ではなく、『やっつける』と言う表現にこだわっていると言っていた。
実際、過去のドラクエでも戦闘時の文章には殺すという表現は出ていない。
(ただ、即死系呪文のザキとかでは息の根を止めたって表現になるけど…)

Ⅷのフィールドは堀井氏の昔の頃の遊び場がヒントになっていたらしい。
取材の映像でも、Ⅷで感じたあの世界を感じた。

あ、長くなった…。
総括としては、ゲームとリアルは別として考えるのが普通ということ。
最近の流れの『バーチャルと現実の区別がつかなくなり…』というくだりを否定することも出来る内容。
ただ、次回の予告は今回の内容へのあてつけか…?とも思う内容であることが気になる。

そういえば堀井氏、鞘付きグラムソード持ってたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祖父地図?

またよくない事件がおきたらしい。

秋葉原のソフマップ14号店で障害事件発生とのこと。
2ちゃんのいつもの板でこのことを知ったのだが、なんかすげぇ嫌な予感がする。

オレは明日仕事あるから明日以降の報道がどうなるかは伝聞で知るしかない。
しかし、マスコミのこの手の事件の偏向報道っぷりは毎度のことなのでどうなるかはある程度予測できている。

投げっ放し発言の多いコメンテーターの言動には要注意。

一説には高校2年生らしいとのことなので、続報次第ではまた悪い方向に流れる恐れもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

NNNドキュメント

> 2005年9月18日(日)24:25~25:20/55分枠
> ゲームのなかの戦争  あなたは人を殺せますか?
> 制作=日本テレビ

> スペースインベーダーのゲーム画面 全国の自治体がゲームソフト販売の規制に
> 乗り出した。相次ぐ凶悪事件の加害少年達が、暴力的なゲームに熱中していたか
> らだという。一方、9月に開催されるTOKYO GAME SHOWには15万人超の来場が
> 見込まれている。ファミコン誕生から22年、TVゲームは一兆円産業に成長した。
> しかしそのルーツが、原爆を生み出したマンハッタン計画にあることはあまり知られて
> いない。クリエイター達はゲームの中にどのようなメッセージを込めてきたのか?
> ゲームの中の戦争が戦後という時代を映し出す。

この手の報道にはさんざん前科のある日テレだからこそ要警戒なわけで…。
ただ、気になるのはスペースインベーダー?
グランド・セフト・オート3(GTA3)じゃなくて?

これが『モラルファシズムの足がかり』とか『本来親の責任であるはずの基礎教育を怠った結果』とか
『ただの責任転嫁だ』とか、さらに考えることを放棄させる教育そのものに言及したらオレは日テレを見直す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵とか

ヒマな時とかイラストとか描いているけど、
いつものようにぼけ~…としながら描いたキャラがコレ。

lirma

ただ一言、言えるとしたら進歩ねぇ…ってことくらい。
色とかロクに決めてないし…。
その場の勢いのみで描いて行くから似たようなキャラが量産されていく…。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

カウンター

SOBAさんからアクセスカウンターの設置方法を教えてもらった。
SOBAさんありがとうございます。

あ、@niftyへのHP登録の申し込みが必要なのね…。
じゃあniftyのサイトのほうは、ミラーか何かに使おうかな…。

…と、いうわけでつけてみた。

すげぇよ。カウンター合計5個までつけられる。
ウチの本サイトなんて一個だけだから必然的にTOPに貼るしかなかったのに…。

しかし、こんな技があるなんて知らなかった。
実は、開設最初、アクセスカウンターの項がなかったから諦めてた。

SOBAさん本当にありがとうございました。

本件とは関係ないような追記:
フォントサイズ反映されてNeeeeeeeeeeeeeeeeee!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

BPOの投書について

一発目からこんなので申し訳ないが…。

毎月BPOの『放送と青少年に関する委員会』の内容をチェックしているのだが、どうにも煽りに近い内容が多いのが目に付く。
その中でも特に酷いものがあった。

>着メロのCMで使われている早口調な曲について。
>インターネット掲示板であの曲は18才未満禁止の
>いかがわしいロリコンゲームの主題歌であるという事実を知り、
>それを放送する民放各社の倫理を疑わざるをえなかった。
>たとえ、それが猥褻なゲームの宣伝目的ではないにせよ、
>このCMの曲に興味を持った未成年が こうしたゲームに触れるきっかけとなり、
>やがて昨今世間を騒がせる女児への性的犯罪へと結びつく可能性があるかぎり、
>こうしたCMは流すべきではない。(同様意見3件)

要するに巫女巫女ナースの曲のことだが、問題なのはこうしたゲームに触れると
犯罪に走るかのような偏見を持ち、印象操作を行っていることだ。

そして、ゲームのユーザー、視聴者(成年、未成年問わず)に対して犯罪者予備軍のようなレッテルを貼っている。

このテの偏見の発端は言うまでも無く例の小林皇子の報道の影響で、
実際のアダルトゲームのユーザーの殆んどは犯罪など犯してはいない。
根拠を示したいところだが、それが出来ない。
なぜなら、性犯罪の全体の統計こそあれど、『○○が原因で犯罪が起こった』などという根拠が存在しないからだ。
存在しない根拠を示せばそれはウソになってしまう。

一件の事件のせいで、さも全体が悪のような印象を与える内容かつ事実と異なる中傷行為は
人権や偏向報道を監視する立場にあるBPOにはふさわしくないのではないだろうか?

BPOにも営業妨害や誹謗中傷のたぐいの投書は非掲載としているのだが、
これは中傷行為に当たらないのだろうか?

あと目立ったのは、投書に対しての反論が多かったこと。

その多くは自らの主観で『これは酷い。こんなのは子供に見せるべきではない。即刻打ち切れ』と言ったものに対して
『主観で語るな。子供にどう有害なのか理由を書くべき』『物事の表面だけ受け取らず、しっかり中身も見てから批判しろ』
…と言った批判内容が多かった。

上っ面しか見れない大人、内面を読み解く子供。この構図、本来は逆なんじゃないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き込みテスト

なんとなく始めてみました。
少しずつ慣らしながらやっていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »